1月17日~阪神・淡路大震災から24年への想いと地震対策

何かが爆発したような大きな音と共に、突然始まった大きな揺れ。
何が起きたのかわからずに困惑している中、父が私と妹が寝ていた寝室の前まで移動し、声をかけてくれたのを覚えています。
当時淡路島に住んでいた私は、言葉に出来ない大きな恐怖を感じました。

あの時に見た燃える様な赤い空を、恐らく私は一生忘れないでしょう。

1月17日、阪神・淡路大震災から24年を迎えました。

あれから24年が経ち、あの時自分が考えていたことが、今出来ているのかと感じることもあります。
そんな自分にできる事、それは地震への対策を伝えることなのでしょう。

地震大国と言われる日本に住む以上、地震はどこでも起きる可能性があります。

「どこに住んだ方がいい、住まない方がいい」といった考え方よりも「今住んでいる地域に起こりうる災害と対策」を知っておくのが大切だと思います。

・地震が起きたときのハザードマップなどを確認して避難場所を確認する。
・過去の災害歴を調べる
・水や非常食、防寒対策などの用意をする。
・住んでいる家の形状を事前に把握し、地震への対策を事前にしておく。

地震への対策は、細かくすぎる程万全にしておくべきだと思います。

自発的に避難場所まで避難訓練をするべきだと思いますし、それが自分や家族、子供を守ることに繋がります。

過去の災害を知っておけば、今住んでいる地域にどんな災害が起きるのか予測することができます。

水や非常食を用意しておけば、食料や水が絶たれた時への対応をすることができます。
地震が起きれば、飲料水などが必要になります。
もし夏に地震が発生して水が遮断されれば、大きな問題となります。
その様な時に命を守るのは、事前の準備です。

住んでいる住居の形状を知り、地震に対応できるのかどうかを知っておくことも大切だと思います。
私自身、阪神・淡路大震災を経験した経緯から、地震対策を考えることに重点を置き、住居を選んできました。
それでも100パーセント命を守ることができるのかわかりませんが、万全の対策はしておきたいと考えています。

地震は考えている以上に恐ろしく、人の力では何とも出来ないものです。

自分も無力さを痛感しました。

ですが、地震への準備を事前にしておけば、命を守ることのできる可能性は大幅に上がると思います。

「大丈夫だろう」ではなく、「大丈夫なのか」
「今度対策しよう」ではなく、「今対策しよう」

それが命を守ることに繋がります。

地震を経験した身から、本当に一寸先は闇だと痛感しています。

皆様ご自身、家族、大切な人を守る為、皆様が今出来る地震への対策を行い、命を守ることに繋がって欲しい。
心からそう願っております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.