人材を適材適所に配置することで会社の売上は伸びる?適正な人員配置のススメ

人材を適材適所に配置する。

意識はしているけど、意外と難しいこの課題。

本当に人材を適材適所に配置できているケースというのは、少ないかもしれません。

人材を適材適所に配置すると、社員が成長し、優秀な人材となる可能性が高くなります。

ですが、人材の配置をミスしてしまうと、社員が成長しないばかりか部署の売上も伸びず、会社の売上を下げたり雰囲気を悪くしてしまうといった事態にも繋がりかねません。

どんな方法で適材適所に人材を配置すればいいのか?
何を基準にすればいいのか?

解説します。

社員を適材適所に配置しないと、何が起きる?

社員を適材適所に配置しないと、何が起きるのか?

恐らく、多くの企業において、下記の様な悩みをお持ちなのではないでしょうか?

・社員が成長しない
・優秀な人材が退職してしまう
・優秀だと思って入社した社員の成績が伸びない
・部署の成績が頭打ちになってしまう

その様な場合、人材を適材適所に配置できていない可能性があります。

優秀な人材が退職するのは会社にとって打撃になりますし、社員が伸びないと部署の売り上げが伸びず、会社の売上にとってもマイナスになってしまいます。

昨今は各企業が優秀な人材を確保しようと躍起になっている傾向がありますが、ハッキリと言えることがあります。

優秀な社員を確保するよりも、入社した社員の才能を目一杯伸ばした方が、会社にとってプラスになる場合が多いと思います。

多くの企業では、優秀な社員の採用に時間やお金、手間をかけますが、入社後の社員に対するフォローに関しては手間をかけていないケースが多いです。

それは本末転倒であり、優秀な社員を確保するのは、本来「会社にプラスになる」からであるはずです。

入社した時点での社員の能力というのは、多くの場合まだまだ会社に貢献できる様なものではありません。
本当に大切なのは、入社した時点での社員の能力より、入社後に社員がどれだけ伸びるか、どれだけ能力のある人材に成長するかです。

その為には、

・入社した社員のことをよく理解すること
・入社した社員が会社でやりたいことを把握すること
・教育に時間を使うこと

が大切です。

優秀な社員であればある程、先を見通すことのできる能力が高い傾向があります。

自分が会社でやりたいことができず、会社のやり方や将来性について疑問を持った場合、優秀な社員である程転職や独立を意識するものです。

結果、会社にとっても打撃を受けることになりますし、最悪の場合ライバルになるケースもあるでしょう。
会社の経営にとっても、悪影響が出るかもしれません。

その様な事態は絶対に防ぎたいものですよね。

社員の特徴を知ることが大切

社員を適材適所に配置する為に必要なこと。

それは「社員のことをよく知る」ことです。
社員のことをよく知っていれば、適材適所に配置しやすくなります。

例えば新入社員の入社後、すぐに人員を各部署に配置するケースがあります。

その様な場合、入社前の面接や試験を元に配属部署を決めている場合が多いのですが、実際に入社してみると、思っていた適性と違うといったといったケースはよく見られるものです。

適材適所に人員を配置したいのであれば、すぐに人員を各部署に配置するのではなく、先に各部署で研修を行った上で人員を配置した方が、上手くいく場合が多いでしょう。

各部署で研修を行えば、そこにいる部署の社員が新入社員の特徴について知ることができますし、各部署からの意見も聞くことができます。

例えば、

「うちの部署に合う」
「うちの部署には合わない」

といった部署に対して合う合わないなどの適性に関しての意見や、

「この新人の傾向は~なんじゃないか」
「この新人に対しては~の方が良いんじゃないか」

といった現場のからのアドバイスを聞くことができます。

また、新入社員にとっても、

「どこの部署が合うか」
「どんな仕事を、社内でやりたいか」

といったことを把握しやすくなります。

①入社研修を各部署で実施する
②各部署に意見を聞く
③新入社員に意見を聞く
④配属を決定する

この方法であれば、適材適所に人員を配置できる可能性が高くなります。
特に部署と新入社員の希望が合致していた場合、そこが適材適所である可能性は大きそうですね。

社員の配置について悩んでいる場合、まずはこの様な形で新入社員の配置を考えるのも良いかもしれません。

入社後も社員へのフォローを欠かさずに

入社後も社員へのフォローを欠かさない様にしましょう。

面談などがその方法として上げられますが、直属の上司は勿論のこと、人事部であったり関係部署であったり、複数の目からフォローできるのがベストです。

そうすることで、社員の本音も聞き出しやすくなります。

本来、会社とは社員が同じ方向を向いているはずです。
ですので、仕事や自分の適性に対する意見を聞いたところで、評価にはマイナスにはならないと伝えてあげましょう。
会社が良くなる為に人材を配置するのが、最大の目的だからです。

多くの社員が経験を重ねるに連れて、

「自分は、違う部署の方が合っているんじゃないか?」
「自分は、あちらの仕事の方が向いているんじゃないか?」

そういった感覚が掴めるようになってきます。

逃げが原因だと思われるマイナスな意見は聞く必要はありませんが、社員が部署移動をプラスに捉えているのなら、それを叶えるのも一つの方法です。

社員を適材適所に配置することによって実力をいかんなく発揮し、それが数百万、数千万、数億円の利益に繋がる可能性もあります。

結果、社員にとってもプラスになりますし、会社にとってもプラスになります。

人にはそれぞれ特徴、能力、適性があります。
今は以前に比べると、入社前の適性検査などで事前に社員の特性を把握しやすくなっていると思います。
ですが、やはりそれだけでは適性を図ることは難しいものです。
実際に入社して仕事をして、社員の特性がわかる面も数多くあります。

人材とはかけがえのない財産です。

入社後の研修、適性の見極め、そして社員へのフォローを行い、適材適所への人員配置を行いたいものですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.