仕事のスピードが早い!できる人が実践する2プラス1の方法とは

「仕事のスピードを上げたい!」

そんな人、多いのではないでしょうか?

私の経験上、

「仕事のスピードが早ければ、成果が上がりやすい。」

そう感じています。

どうすれば仕事のスピードを早めて、成果を上げることができるのか?

解説します。

仕事のスピードが早いと、何がいいの?

まず、仕事のスピードが早いと、何がいいのか?

それは、下の3つではないかと思います。

①仕事の成果を上げやすい
②時間を自分の成長に回すことが可能になる
③自分の時間が取れ、プラスの感情を持つ時間が増える

これから、3つの詳細を説明していきます。

①仕事の成果を上げやすい

まず①の仕事の成果を上げやすいという点についてなのですが、仕事は時間の使い方が非常に重要です。

例えば、営業の場合ですと、売上に繋がる見込み顧客に対して営業を行う時間が多い方が良いですし、デキる人は成果が上がる物事に対して集中して時間を使っているものです。

反対に成果が上がらない場合は、成果に繋がらない仕事に時間を取られているケースが多くなっています。
例えば、作成する必要のない書類作成に時間をかけていたりだとか、必要の無い電話を多くしていたりだとか。その様な場合です。

これを読んでいる皆様の周りでも、思い当たる人がいるかもしれません。

・仕事がデキる人は、成果が上がる物事に集中している
・仕事がデキない人は、成果が上がらない物事に集中している

そう言えるかもしれませんね。

②時間を自分の成長に回すことが可能になる

仕事のスピードが速いと、仕事を早く終わらせることができます。

その結果、下記の様な時間の使い方をすることが可能になります。

・更なる成果に繋がる仕事をすることができる
・自分が成長する為、勉強する時間を作ることが可能になる
・周囲の信頼を獲得できる

仕事のスピードが速いと、時間を有効利用することができます。
結果として、「プラスがプラスを呼び、プラスの成果を上げることができる」ようになります。

仕事が早いことで、周りの人も仕事がしやすくなります。。
自分が仕事を早くすると、周りの人に時間を提供するからです。
その結果、周囲の人との信頼関係を築くことでき、自分の仕事に対しての相乗効果も期待出来るようになります。

「自分が成長する為に時間を使った結果、周囲の信頼も獲得できる。」

仕事のスピードが速いと、そんな時間の使い方をすることが可能になります。

一方、仕事のスピードが遅いと、こんなことが起こりやすくなります。

・時間に追われ、仕事の納期が間に合わない
・納期が間に合わないから、完成していない仕事を相手に提出する
・相手からの信用を無くす

仕事が遅いと時間に追われることが多くなり、結果、下記の様な事態が多くなります。

・見積が作成できていない
・会議資料が作成できていない
・提案書類が作成できていない
・取るべき顧客とのアポが取れていない

その結果、出来上がった見積や資料が不完全なものであったり、訪問すべき顧客に対しての営業が遅れることになります。
そんな状態では良い成果など上がるはずがありませし、周囲からの信頼を無くす事態にも繋がりかねません。

しかも、時間に追われるばかりで、現状を脱却したり、自分を成長させる時間を確保できていません。
ですので、多くの場合はこのループです。
意外とこの様な事態に追い込まれている方は多いのではないでしょうか。

③自分の時間が取れ、プラスの感情を持つ時間が増える

仕事のスピードが早いと、先ほども言った通り自分の時間を取ることが出来やすくなります。

例えば趣味の時間を取ることができますし、家族や大切な人との時間を取ることも可能です。
自分の成長の為に時間を使うこともできるでしょう。

結果、プラスの感情を持つ時間が増えます。

プラスの感情とは、「喜び」であったり「幸せ」であったりします。

休日だけではなく、平日でもそんな時間を使うことができる。

それは素晴らしいことですね。

仕事のスピードが遅いと、平日は残業をしなくてはならないケースが増える為、この様な時間を持つことが難しいかもしれません。

その様な場合、マイナスの感情が芽生えてしまうキッカケにもなります。

これは避けたいものですね。

スピードを上げる為には「目標」「優先順位」「想定力」が大事

仕事のスピードを上げる為には、下記3ステップが必要です。

ステップ1:「目標」を「明確」にする。
ステップ2:「優先順位」をハッキリさせ「行動」する。
ステップ3:「想定力」を身に付ける。

これから詳細を説明していきます。

ステップ1:目標を明確にする

仕事のスピードを早める為には、「目標」を「明確」にすることが大切です。

例えば、1ヶ月の売上ノルマが1,000万円であったとしましょう。
この場合、売上ノルマである1,000万円を達成する為に有効に時間を使わなければいけません。
ノルマを明確な目標としている場合、売上を達成する為に何をすればいいのかが明確になります。

目標がしっかりとしている場合、行動がブレません。
目標を達成するために、時間を使おうとするからです

目標とは、「方向指示器」であるというイメージを持った方が良いと思います。

まず第一段階としては、「目標」を「明確」にする。

これから始めましょう。

ステップ2:「優先順位」をハッキリさせ「行動」する。

目標が明確になったなら、「優先順位」をハッキリとさせて「行動」しましょう。

目標がハッキリとしている場合、優先順位を付けることは簡単です。

先程の目標通り、売上1,000万円のノルマを上げたい場合を例にしましょう。

「売上ノルマ1,000万円を達成したい場合」

「すぐにやらなければならない優先事項」
・既存顧客からの引き合いを確実に受注する
→顧客へのフォローを徹底する。
・既存顧客からの問合せに素早く対応し、信頼関係を構築する

「継続的に売上を上げる為、事前にやっておくべき優先事項」
・新規顧客を開拓する
→顧客を選定し、新規顧客への営業を行う
・提案書を作成する
→既存顧客、新規顧客向けの、わかりやすく興味を持たれる提案書を作成する
・知識を取得する(自己成長)
→顧客からの信頼を獲得する為、商品知識や業務知識を前もって身に付ける。
・情報の発信
→上司、同僚、部下、他部署に対して情報を素早く発信し、連携を強化する

「他人に任せるべき事項」
・他の人に任すことのできる事務作業
・自分が担当では無いものは、各部署へ素早く依頼する

「捨てるべき事項」
・売上の見込めない無駄な書類の作成
・無駄話など、無駄な時間を過ごすこと

この様な形で優先事項を付けていきましょう。

使いやすいフォーマットを作成したり、自分のやりやすい方法で良いですので、優先事項を付けて行動しましょう。

ステップ3:「想定力」を身に付ける。

多くの場合、仕事を早くする為には上記の様に「目標設定」や「優先事項」を明確にしなさい、といった言い方をされます。
ですが、それだけでは足りないと個人的に思っています。

仕事のスピードを早くする為には、プラスアルファで「想定力」を身に付ける必要があります。
想定力とは、「これから起こりうることや、起こっている事実を想定する力のこと」です。

例えば、

「今やっている業務、今後何が必要になるのだろうか?」
「在籍している会社の業界、今後どうなるだろうか?」
「顧客の売り上げが伸びているけど、何故なのだろうか?」
「顧客の売り上げが下がっているけど、何故なのだろうか?」

この様に、自分で想定して仕事をすることが大切です。

「想定力」を付けると、今やっている業務だけではなく、今後必要になる業務内容や知識も先回りして知ることができます。
その結果、大幅な仕事時間の短縮に繋がります。

即ち、仕事のスピードに繋がる結果となるのです。

あくまで想定力は想定の元で行いますので、当然誤ることはあります。
ですが、誤った場合でもそれを改善して次に生かせばいいだけですし、想定→実行→改善の癖を身に付けておけば、想定力の精度も上がります。

先回りして物事を行うことで仕事のスピードも上がり、成果も上げやすくなる。

そんな結果を引き寄せるのが想定力です。

ぜひ皆様も「目標」「優先事項」「想定力」を身に付けて、自分らしく、公私ともに充実した生活をおくりましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.