習慣で人生が決まる?行動を変えて成長すれば人生が変わる

「習慣で人生が決まる?」

そんなことを言われると、皆様はどう思いますか?

「確かにそうかもしれない」

そう感じる人もいれば、

「それは言い過ぎなんじゃないの?」

そんな人もいると思います。

ですが、実は習慣は人生においてとても大切なものです。
これから、その内容を説明します。

習慣とは何?

「そもそも習慣って何?」

まず、そんなことが頭に浮かびます。

習慣とは、「日常生活の中で行っている行為」のことを指します。

無意識に行っている行為、皆様にもありますよね?
当然僕にもあります。

1年は365日あります。
習慣を変えることで、365回人生を変える努力をできるという考え方ができるかもしれません。
行動には自分の考えが出るものですし、置かれている状況を作りあげるものでもあります。
「習慣とは、無意識のうちに努力し、自分を作り上げるもの。」
それが、習慣の正体かもしれません。

そんな習慣について、自分や周りの人を良くする方法があるのであれば、やってみたいですよね?

何故良い習慣が必要なのか?
習慣を変えると何が起きるのか?

お話していきます。

大切なのは成長すること

大切なのは習慣を変えることで「成長すること」だと思います。

習慣、即ち行動を変えると、これまでとは色々なものが変わってきます。

例えば、

・出来ないことが出来るようになった
・置かれた境遇が以前とは変わった

など、目に見えて成長したとわかることもありますが、

・人を受容する心が持てる様になった
・相手を理解する心が持てる様になった

など、内面的に成長している場合もあります。

個人的な感覚なのですが、成長しているかどうかは多くの場合「言葉」でわかります。

成長している人は、以前の自分と比べて言葉が大きく変わっているものですし、成長していない人は言葉が変わっていないケースが多いです。

例えば仕事の内容は同じでも、成長している人とそうでない人は、内容が大きく変わってくるものです。

例えば、A君とB君を例に出して、例にしてみましょう。

「A君」

・若手時代は、仕事のことなど、自分本位のことばかり話す
・ある時から、上司の方針を汲み取り仕事をする様になる
・中堅に差し掛かる頃には、会社の方針を意識して仕事をするようになる
・それが言葉となって現れ、会社や上司の方針を意識した言葉が多くなる
・会社の意図を意識して仕事をしているので、会社が期待する成果をあげられる様になる
・結果として、出世として繋がるケースも

A君の場合、若手の頃は自分中心だった視野が、年齢を重ねると共に、上司、会社へと視野の広さが変化しています。

A君の場合は、上司の方針、会社の方針などを受け入れて仕事をする様になり、それが言葉となって現れます。

会社の一員として、会社の方向性を意識した仕事をする様になるので、当然のことながら会社が期待する成果をあげやすくになります。

それが評価され、出世などに繋がるケースもあるでしょう。

上手くいかなかった経験を自分が悪いと受け入れ、習慣を変えると、成果が変わって人生を変えることにも繋がります。

「起きた事実を受け入れる」
「自分が変わる」

これがポイントですね。

A君の場合、考え方が変わり、行動即ち「習慣」が大きく変わっています。
結果、自分の未来が作られていく可能性へと繋がっています。

「B君」

・若手時代は、仕事のことなど、自分本位のことばかり話す
・仕事のスキルが上がる
・自分の仕事のスタイルは曲げず、貫き通す
・中堅以降も、話す内容については自分の仕事が中心
・成果を上げる一方で、会社が期待する成果とは違う場合もある

B君のケースは、自分の考えを変えず自分を貫き通しています。

仕事のスキルが上がって実力が付きますが、組織で仕事をする以上は組織内のルールがある為、自分の殻以上の結果を出すことは難しくなります。

ただB君の場合、自分を貫き通すというのは才能の一つでもあり、素晴らしいことだと思います。
会社でやりづらい、生きづらいと感じる場合、独立して自分の事業を始めるのも一つの手かもしれません。

独立することで考え方が変わり、行動が変わり、今までのB君より自分らしく生きることができるかもしれません。

それも成長の姿だと思いますし、「起きた事実を受け入れ、自分が変わること」にも繋がりますね。

ここでは仕事について例をあげましたが、同じことは仕事だけではなく、他のことにも当てはまります。

例えば、家族。
例えば、友達。
例えば、恋人。
例えば、趣味。

この様なことについても、習慣を変えることで物事が変わっていくでしょう。

習慣を変えればチャンスを手にしやすくなり、変えなければ逃しやすい

「習慣を変えるためには、行動することが大切」

そう思います。

もし物事が上手くいかないという人がいれば、チャンスです。
物事が上手くいかない時の大半は、物事の進め方を間違っている時です。

それを受け入れた上で自分を変えると、これまで以上に成長できるチャンスが訪れています。
「自力本願」こそが、物事を変えていくチャンスとなります。

反対に、習慣を変えるという行動を起こさないと、いつまでも物事が上手くいかないままかもしれません。

そのような場合、「今は運が悪いだけ」「誰かが何とかしてくれる」といった考えを持ってしまうかもしれませんが、基本的に自分が変わらないと物事は変わりません。

「変われば、手に入れたい物を手に入れられる可能性がある。」
「変わらなければ、手に入れたい物を手に入れられる可能性が無くなる。」

あなたなら、どちらを選びますか?

習慣は、最初にも言った通り、無意識のうちに自分を作る努力をしているといっても過言ではありません。

「もっと自分の人生を良くしたい」

そんなお考えをお持ちの方は、まずは自分の習慣を見つめ直してみるのもオススメですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.