マンションのタバコをどうにかしたい!有効な解決策とは?

「マンションのタバコ問題」

これは、入居後に起こりやすい問題の一つです。

タバコを吸わない方にとって、タバコの煙には頭を痛めてしまうもの。
衣服にタバコの煙がついたり、網戸を開けている場合は部屋の中へ臭いが入ることもあります。

特に子供が家にいる場合は、特に気になってしまいますよね。

自分たちがタバコを吸わないのに、他の住戸のタバコの煙によって悩まされるのなら尚更です。

一方でタバコを吸う方の場合。

家に帰りタバコを吸って一服しているだけなのに、他の住戸からクレームを付けられては溜まったものじゃありません。

「家でリラックスもしてはいけないのか?」

そんな気持ちになることでしょう。

実はこの言い分、どちらも「その通りだよな」と思う面があります。

これらの問題を解決して、どちらにとっても気持ちよく生活できる方法はないものか?

これから解決策を考えていきたいと思います。

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3-%e3%82%bf%e3%83%90%e3%82%b3
※問題になりやすいマンションのタバコ問題。解決策は?

解決策① 共用部は基本的に禁煙であることを知る

対象:喫煙者・非喫煙者 共

基本的に、マンションの共用部は禁煙となっているケースが多いです。

では、この共用部。

皆様はどこを指すかご存知ですか?

具体的には、

・エントランス
・エレベーターホール・エレベーター
・廊下
・駐車場

・バルコニー

などを指します。

自分の住んでいるマンションの共用部がどこを指すのか、調べるようにしましょう。

解決策② 共用部ではタバコを控える

対象:喫煙者

「えっ?バルコニーって共用部なの?」

先程の共用部の例を見て、そう感じた方も多いのではないでしょうか?

実は、バルコニーの多くは「共用部分」にあたります。

タバコによってトラブルになるケースでは、バルコニーでタバコを吸っているケースが多いように思います。

この他にも、エントランスや廊下なども共用部です。

これらの場所でのタバコは控えるようにしましょう。

※これは、共用部でタバコが禁止されていることを前提としています。

解決策③ 他住戸に迷惑にならない所で喫煙を

対象:喫煙者

喫煙する際は、他住戸に迷惑をかけない場所で行いましょう。

例えば、「タバコをキッチンの換気扇の下で吸っていたのに、他の住戸からのクレームが入った。」

中にはこのようなケースもあるでしょう。

それもそのはず。

キッチンの換気扇は、基本的には外に換気するように作られています。

その為、結果的にタバコの煙が外に行く事となり、他の住戸へも影響を及ぼすケースも。

煙が外へ行く可能性のある場所での喫煙は、控えた方が良いでしょう。

解決策④ 早い段階で管理組合に相談を

対象:非喫煙者

非喫煙者で、他住戸からのタバコに悩まされている方は、まずは早い段階で「管理組合」に伝えるようにしましょう。

「他の住戸に悪く思われたらどうしよう」と気を使っていたら、問題は解決しません。

マンションによっては、匿名で問題を伝えることができます。

せっかく購入したマンションなのに、気を使いながら生活するのは違いますよね。

無理をして我慢をせず、早めに伝えることが大切です。

それによって、早い段階での解決に繋がります。

他住戸への配慮をしよう

初めは小さなクレームだったものが、次第に積り重なり、大きな問題となるケースもあります。

マンションでは戸建てと違い、一つの建物に多くの人が住むものとなっています。

そのため、互いへの配慮が必要です。

例えばバルコニーでタバコを吸う場合、煙だけではなく、灰も他住戸へ落とす場合があります。

「自分がされたら嫌だな。」

そう思うことは控えて、互いに気持ちよく生活できるよう配慮をしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.