分譲マンションは管理人のレベルを上げれば満足度向上に繋がる?

「マンションは管理人の質を上げれば住民満足度が上がる?」

「エントランスからの出入り時」
「住民が困った時」

など、分譲マンションにお住まいの方は管理人と接する機会が必然的に多くなります。

管理組合の理事になっている住民以外は、多くのケースで管理人が窓口になりますよね。

某サイトで管理会社の満足度ランキングがありますが、

「管理人のレベルを上げれば、必然的に満足度が上がるのでは?」

最近、そんなことを感じます。

これから、その理由について説明したいと思います。

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e7%ae%a1%e7%90%86%e4%ba%ba%e3%80%80%e6%ba%80%e8%b6%b3%e5%ba%a6
※管理人のレベルが上がると、マンション満足度が向上する?

マンション管理人のレベルと住民の満足度が結びつく?

コンシェルジュを採用しているマンション以外では、管理人がエントランスにいることが多くなります。

その際、表情が明るく、挨拶のできる管理人がいれば気持ち良いと思いませんか?

反対に、表情が暗く、挨拶もできない管理人がいたらどうでしょう?

恐らく多くの方が、不快に感じるのではと思います。

分譲マンションにお住まいの方で、エントランスを通るのに気を使う方は意外と多いのではないでしょうか。
※特に専業主婦など、マンションにいる機会の多い方。

そんなマンションでは、

「管理人と顔を合わせるのが嫌」

そんな理由が多いように感じます。

管理会社がキッチリと仕事をしていても、管理人の対応が悪ければ「管理がイマイチだな」と思う住民も出るのではと思います。

一次対応の態度が大切?

マンションの管理人に寄せられる相談では、基本的に「クレーム等の問題」が多くなります。

その際、マンション管理人の対応が大切だと思いませんか?

例えば、マンションで騒音の問題が起きたとしましょう。

その時に、

「敬語で丁寧に受け答えをする管理人」
「どこか逃げ腰で横柄な態度の管理人」

であれば、どちらの方がスッキリとしますか?

前者であれば住民は安心するかもしれませんが、後者であれば、住民が更に怒るキッカケになるかもしれません。

解決できるかどうかは、内容によります。

解決できる場合もあれば、できない場合もあるでしょう。

ですが、一次対応を真摯に行うことはできます。

これだけで違いが出てくると思うので、「管理人の話し方や立ち振る舞いは徹底してほしい」ものですね。

個人情報漏えい防止の徹底を

マンションの管理人は、住民の個人情報を知る機会が多くなります。

だからこそ、「個人情報は徹底して守ってほしい。」

これが絶対条件です。

これは、私が住んでいるマンションで私自身が経験したことなのですが、一例をあげます。

居住している部屋のリフォームを考えていた私は、マンションの管理室に図面を見せてもらいに行きました。

すると、そこにいた管理人が聞いてもいないのにマンション内の情報を話してきます。

それは、「住戸間で起きている問題」や「マンションの施工」に関することまで。
中には、「資産価値に関わるんじゃないの?」といった内容のものまであります。

ふと図面を見せにもらいに行った私に話すくらいなのだから、「他の住民や不動産業者にも同じ内容を話しているのでは?」
そう勘ぐっていまいます。

このようなことを守ることができないマンション管理人も、中にはいるのです。

どんな管理人が理想なのか?

「敬語がキチンとしており、丁寧な言葉遣いができる」
「清潔感のある身だしなみをしている」
「一次対応が丁寧にできる」
「問題点への迅速な対応を行う」
「管理会社との連携を迅速に行う」
「情報漏えいをしない」

一言で言うと、「誠実な管理人」が求められているのではないでしょうか。

特に、住民の目に見える部分である、「言葉遣い」や「身だしなみ」、問題を受けた時の「一次対応」はすぐに対応できるという点で徹底したいものです。

マンション管理人のマニュアルが重要?

どのマンションでも、マンション管理人のレベルを引き上げるための「マニュアル」を徹底するのも良いかもしれません。

特に「言葉遣い」や「クレーム時の対応」などを徹底すれば、効果的なのではないでしょうか。

マンションにおいて、住民の窓口とも言える「管理人」。

管理人のレベル向上が、住民のマンション満足度を引き上げるのかもしれません。

マンション管理人について更新分レポート

「マンションは管理人がものを言う?」

分譲マンションを購入した場合、多くのケースでは管理人と接することになります。

入居後、駐車場の変更や気になる点などは多くの場合は管理人を通して行うことになります。

管理人は、マンションにおいてとても大切なのではないでしょうか。

と言うのも、仕事上多くの管理人の方に会いますし、私自身も管理人のいるにマンションに居住した経験が多くあります。

そこで、入居後に困らないためにも、これからマンションの管理人について深く掘り下げて話をしていきたいと思います。

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e7%ae%a1%e7%90%86%e4%ba%ba
※数多く存在するマンション。管理人は大切?

マンション管理人①「挨拶の有無」

「挨拶」は一つの目安になるかもしれません。

マンションによっては「コンシェルジュ」がいるケースもあるのですが、経験上、管理が上手くいっているマンションはこれらのことが徹底されていると思います。

(マンションによっては、会釈の場合もあります。上手くいっているマンションは、やはり徹底されているように思います。)

この辺りがシッカリしているマンションは気持ちの良いもの。

中古マンション購入検討者は、挨拶がキチンとしているかをチェックするのも良いかもしれません。

マンション管理人②「入居者・マンションの情報」

マンション管理人の中には、「入居者・マンションの情報」を言う場合も注意が必要です。

具体的には、

「騒音問題」
「住居間での問題」
「マンションの施工問題」
「マンションの立地について」

など。

中古マンションの見学をした際に管理人が内部事情を話しすぎるようなら少し警戒をした方がいいかもしれません。

必要以上に馴れ馴れしい場合も、警戒するようにしましょう。

入居者と管理人では、一定の距離があるのが好ましいと思います。

マンション管理人③「トラブルへの対応」

「駐車問題」
「タバコの問題」
「騒音問題」

などが起きた場合、多くのケースではマンション管理人を通じて解決を図る形となります。

中には、トラブルに対して及び腰になる管理人がおり、あまり行動してくれないケースも。

可能であれば、住民目線でトラブルに対して取り組んでもらえる管理人が良いですよね。

マンション見学時、掲示板や共用部の様子で実際にトラブルが起きていないか確認しておくのが良いでしょう。

具体的に、共用部に入居者の私物が置かれているようなマンションは、注意が必要だと思います。

管理人がキチンと対応すれば、大抵の場合は解決できると思うので。

マンション管理人 まとめ

「挨拶がキチンとできるか」
「入居者・マンションの陰口を言わないか」
「トラブルに対して対応をキチンとするか」

これらは、当たり前のことかもしれませんが、入居後気持ちよく生活するためにはとても大切なものです。

入居後に気付く場合も多いですが、中古マンションの場合は事前に確認できるケースも多々あります。

管理人とは、入居後にやり取りをしたり顔を合わすことが多くなります。
だからこそ、キッチリしてほしいものですよね。

問題がある場合は管理組合から管理会社に問題をあげるケースもありますが、できればそのような事態は避けたいもの。

マンション購入後に充実した生活となるよう、検討時にはマンション管理人もチェックするようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.