購入前にぜひ読みたい!失敗を防ぐマンションレポート集

このページは、皆様のマンション購入判断のお役に立つべくテーマ別のレポートをまとめたものとなっています。

マンション購入時に大切なのは、事前に情報を調べておいた上で、正しく判断することです。

購入検討時、このページを参考にしていただければ幸いです。

%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%82%92%e9%98%b2%e3%81%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88-480x360

マイホームで後悔したくないあなたへ送る6つの住宅購入術

「住宅購入」

それは人生において一世一代といって言い程、大きな買い物ですね。

住宅購入のきっかけは色々なパターンがあると思います。

「家族が増えたから」
「もっと大きい家に住みたいから」
「便利なところに住みたい」
「自然がたくさんの場所に住みたい」

この様に「居住用」として住宅購入を考える人もいれば、

「転売して利益を出したい」
「賃貸に出して利益を得たい」

など「投資目的」で購入を検討する方もいるのではないかと思います。

ですが、どちらにも1つの「共通項」があります。

それは「今以上に良くなりたい」という意思があるということ。

即ち「幸せ」になりたいという意思があるということです。

これから住宅購入において「幸せ」を引き寄せるための、後悔しない「6つの住宅購入術」についてお話しさせていただきます。

幸せの住宅購入術 (480x360)
※マイホームでは自分達の夢を叶えたいもの

それでは、「幸せを引き寄せる住宅購入術」についてご説明します。

①優先事項を決める

住宅購入の際、大切なのは「自分達にとって譲れない優先事項」をハッキリとさせることです。
それが「立地」なのか「間取り」なのか「予算」なのか・・・。優先事項は人それぞれです。
可能であれば、家族で話し合い「紙に書いて」まとめるのかオススメです。
とにかく「優先事項」をハッキリとして、それを満たす住宅購入を行うこと。
これが「幸せ」な住宅購入を達成するために必要になってきます。

②これだけは避けたいと思う項目を決める

優先事項を決める事と同時に「避けたい項目」を決めるのもポイントです。
とにかく自分達が何を「嫌」だと思っているか認識すること。
これも大切な要素となってきます。

③中途半端は避ける

住宅購入の際に陥りがちなのが、中途半端に全ての要素を詰め込んでしまうことです。
例えば「本当に要望している優先事項」を決めきれず、「間取り」「立地」「環境」など色んな要素を中途半端に組み込んでしまうと、住宅購入で何を叶えたかったのかわからず、「こんなハズじゃなかった」という結果にもなりえます。
ですので、可能ならば「満たしたいニーズ」を優先していきたいところ。
それ以外の要素を満たしたいと考える場合、「予算」が大幅に上がることを肝に銘じておきましょう。

④決めつけず、幅広い見解を持つ

優先事項を決め、避けるべき項目を決めたら「住宅購入」に向けて行動を開始するのが吉ではないかと思います。
その際に大切なのは「決めつけない」ということ。
例えば「立地」や「間取り」が優先事項で「一戸建て」を要望するとしましょう。
その際にオススメなのは、「一戸建て」だけにとらわれず「マンション」など他の物件も見に行く方法です。
そうすることで、それぞれの「メリット」「デメリット」を把握することができますし、営業から他に検討している地域の評判を聞くことができるかもしれません。

「一戸建て」を要望していたが実は「マンション」が、「マンション」を要望していたが実は「一戸建て」が、自分達のニーズに合っていたというケースも見られます。

とにかく「決めつけず」、「幅広い見解」を持つようにするのがオススメです。

⑤周辺状況の確認を行う(学区・商業施設・移動手段 など)

購入したい物件に出会えたら、周辺環境を調べる様にしましょう。
住宅購入を行えば、その場所で長く住むことになります。
お子様連れの場合は学区を調べるのも良いと思いますし、日常的に使用する商業施設や通勤時の移動手段などをチェックするのもポイントです。
これによって自分達が住宅購入によって手に入れたいものに近づけることが可能となり、入居後のギャップの減少に繋げることができます。

⑥とにかく行動!

住宅購入をすると決めたら、とにかく行動することが必要です。
気になる土地や物件が出てきたら、すぐに現地やモデルルームに行くことをオススメします。
それによって、住宅購入に必要な「知識」を付けることに繋がりますし、そんな見識が正しい「見解」へと進化していくのではないかと思います。
住宅購入はとても大きな買い物です。
そんな住宅購入を成功させるには、「行動力」が大きなポイントになるのではないかと思います。

以上、「幸せを引き寄せる住宅購入術」6つのポイントを皆様にお届けしました。

住宅購入を成功させるためには、「正しい知識」と「行動」が必要であり、また「判断力」も求められます。
一見そう聞くと難しく感じるものですが、モデルルームなど住宅購入に向けて「行動」していれば、自ずと知識も判断力も身についてくるものです。
「不安」な気持ちがある場合でも、勇気を出して行動するようにしましょう。

住宅購入によって「幸せ」になるためには、自分たちが叶えたいポイントを満たすことが大切です。

その為にも、今回お伝えした「幸せを引き寄せる住宅購入術」が皆様のお役に立つことを期待しております。

マンション購入の失敗を防ぐ4つのポイントと注意点を解説

初めての方も、そうでない方も、マンションを購入する際に「本当に買っていいのかな?」と不安になることってありますよね?

「この間取りで大丈夫かな?」
「本当にローンを返済できるのかな?」

住宅とは大きい買い物。
そんな心配が起こるのも、当然だと思います。

ですが、マンション購入に対して正しい「チェックポイントと注意点」を押さえておけば、住宅購入の際の不安は大きく軽減されることになります。

どの様な内容なのか、皆様気になりますよね?

これから皆様の不安を解消すべく、「マンション購入4つのチェックポイントと注意点」についてご説明させていただきます。

①モデルルームでのチェックポイント

モデルルームチェック (480x360)
※部屋の確認だけではいけない?

モデルルーム見学の際、チェックしておきたいのは住宅の構造・間取りについてです。

住宅の構造については「耐震・制振・免震」などの構造や、「タイル」など外観に関わる要素が、どの様に使用されているか確認しましょう。
どれが良い・悪いという訳ではなく、自分に合うかどうかを確認する為にチェックしておくほうが良いのではないかと思います。

間取りについては「通常仕様」のものを確認することが大切であり、それによって日常生活がどの様なものになるのか推測することができます。

これらは押さえておきたいポイントです。

②住宅ローン

管理費・修繕積立金 (480x360)
※住宅ローン以外にも支払いが必要?

営業と打ち合わせの際、住宅ローンは必ず確認した方が良いでしょう。

マンションでは「月々のローン支払い」の他、ほとんどの場合「管理費・修繕積立金」などもかかってくるため、こちらの費用も確認する様にしましょう。
予想される「固定資産税」に関しても同じです。こちらも「月々のローン支払い」に加えて必要となってきます。

これらを事前確認することによって、より自分達に合った返済プランを選ぶことに繋がります。

③周辺環境を確認する

周辺環境 (360x480)
※自ら動いて確認することが大切!

マンション購入の際、周辺地域は自らの足で歩き、可能であれば「車や自転車」でも「朝・昼・晩」と移動することをオススメします。

近くにスーパーマーケットなど利便施設があるのか、駅までのアクセスはどうなのか、その他学校までの距離・病院など、実際に自ら動いて確認することが大切です。

また「朝・昼・晩」と時間を変えて確認することによって、「音や雰囲気」など周囲の環境をより深く知ることに繋がります。

入居後にスムーズで充実した生活を送るためにも、周辺地域をくまなくチェックすることをオススメします。

④周囲の街の変化を予測する

用途地域 (480x360)
※この様な街並みの中にも、様々な用途地域が存在する?

将来、周囲の街がどの様に変化していくのか予測することも大切です。

「そんなことができるのか?」

そう思われる方もいるかもしれませんが、「用途地域」からどの様なものが建設できるのか知ることはできます。

マンションが建設されやすい主な地域は下記の通りです。

「第一種低層住居専用地域・第二種低層住居専用地域」

低層住宅において住環境を保全するための地域です。
建設できる建物の制限や、店舗など商業施設の規制が、住環境を守るために厳しく指定されています。

「第一種住居地域・第二種住居地域」

住居地域を守るための地域です。
「低層住居専用地域」ほどではありませんが、建設制限、商業施設の規制が、住環境を守るために指定されています。

「準工業地域」

住環境などに悪影響(環境など)を及ぼす恐れのない工場利用を図るための地域です。
マンションなどの住宅、商業施設が混在しているケースが多く、大規模マンションが建設されるケースが見られます。

「商業地域」

商業を促進するための地域です。
高層建築物や商業施設が多く建ち並びます。
高層タワーマンションの場合、「商業地域」に建設されることが多くなっています。

以上、これらを抑えておけば、周囲の環境を予測しやすくなります。

例えばマンションからの「景色」を大切にしたい場合、マンション前の土地が「第一種低層住居地域・第二種低層住居地域」などの住居系でしたら、高層建築物が建設されにくい環境であると言えます。
※絶対ではありません。状況によって建設される場合もあります。

「用途地域」は「市」など公共のホームページからの確認が可能です。
検討している住宅周辺の「用途地域」は是非共確認したい所ですね。

街並み (480x360)
※その街の用途地域を調べよう!

こんな人にはコレがオススメ!状況別、家探しのポイント

「家探し」

人生において一大イベントとも言える「家探し」

可能であれば、良い家を探し出し、住みたいものですよね?

「それはそうだよ!」
「失敗したくない!」

恐らく、それが皆様の本音ではないでしょうか。

では、良い家を探し出すために、重要なポイントを皆様はご存知でしょうか?

「それは知らない!」
「あるのだったら、教えて欲しい!」

多くの方は、そう思いますよね?

これから、是非共確認しておきたい「状況別、家探しのポイント」についてお話させていただきます。

家探し ポイント
※是非共確認しておきたい家探しのポイントとは?

「自分の潜在的なニーズを知る」

まず、家探しにおいて絶対に確認しておきたいことは、「自分」の潜在的なニーズを知るということです。

潜在的なニーズと言っても、すぐにピンと来る人は少ないのではないでしょうか?

漠然としたニーズは認知していても、「本当に叶えたい」というニーズを認知している方は、意外と少ないのではないかと思います。

私の場合もそうでした。
※現在の事業を始める前。当HP内の「我が家のマンション購入日記」をご参照ください。

家探しの大切なポイントは、「ニーズ」を叶えることです。

では、ケース別のよくあるニーズとはどの様なものなのでしょうか?

「ファミリーの場合」

ファミリーの場合、子供など家族も増えることから「広い家に住みたい」というニーズをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

これに加え、満足いく家探しの為には「自分達の生活」や「プライベートの時間」について考えることも必要となります。

例えば、「広い家」だけで条件を絞った場合、

「通勤が大変」
「買い物が大変」
「遊ぶところが周辺に無い」

などの状況になる可能性もゼロではありません。

そこで、「広い家」という条件から一歩踏み込んでニーズを考えるとしましょう。

「職場への通勤が30分以内」
「商業施設が近くにあり、買い物が便利」
「交通網が発展しており、公園や観光名所など家族みんなで遊びに行ける」

その結果、この様なニーズが引き出されたとします。

こちらは「自分達の生活」や「プライベートの時間」も考慮されていますね。
ですが、この様なニーズが叶う立地の場合、広い家だと価格が上がる可能性が高くなります。
その為、「予算を上げるか」「家の面積を狭くするか」、その様な選択をしなければいけません。

皆様は、上記2つのニーズでしたら、どちらをお選びになりますか?

どちらが、正解・不正解という訳ではありません。

家探しに関して、自分達が望んでいるものを選ぶことが大切なポイントとなります。

「シングル」「DINKS」の場合

「シングル」や「DINKS」の方の場合、「都心でコンパクトな間取り」の物件を探す場合も多いと思います。

実際に職場までの距離が近く、周辺に商業施設や飲食店が揃う都心部は、確かに便利だと言えるかもしれません。

ですが、気をつけたいポイントが一つあります。

それは結婚や出産で「家族が増える可能性」があるということです。

その様な時、間取りによっては自宅の売却などを考えなければいけませんが、実際に思ったような売却価格で売れるかどうかは話が別です。

売却価格が思ったより低ければ当然生活に関わってくることが考えられるので、その様な変化に対する対応も、頭に入れておいた方が良いのではないでしょうか。

「賃貸」という選択肢もある

将来のプランや家族構成において流動的である場合、「賃貸」という選択肢もあります。

「賃貸」では、豊富な物件がある為「間取り」や「環境」など、多くのものから選ぶことができます。

急な転勤など、移住が求められている場合でも、「賃貸」であれば身軽に移動することが可能となります。
(※一部のケースを除く)

「ブランド」
「立地」
「間取り」

など、「どうしてもその家を選びたい!」というケース以外の場合、「賃貸」というのも有効な選択方法だと思います。

「移動をしやすい」というのは、大きなメリットとなるからです。

家探しのポイント まとめ

以上、「ケース別」の家探しについてお話してきました。

「自分のニーズを知り、叶えること」
「将来のことを予測すること」

満足いく家探しのためには、上の2つを確認することが大切です。

皆様の生活において重要な「家探し」

知識やノウハウを事前に取得した上で、家探しに望みたいものですね。

モデルルーム見学5つの極意をわかりやすく解説!

「モデルルーム見学」

それはマンション購入の際、多くの場合必要となるもの。

そう、マンションを購入する際はモデルルームを見学した上で交渉を進めていきます。
モデルルームでは華やかな空間づくりがされており、ワクワクするような雰囲気となっていますね。

ですが皆さん、モデルルームで本当にチェックするべきポイント、わかっていますか?
モデルルームでチェックするポイントを押さえておかないと、入居後に「こんなハズじゃなかった!」という結果にもなってしまいます。

初めてモデルルームを見学する方も、そうでない方も。

皆様の住宅購入を充実したものに導く為、これから「モデルルーム見学5つの極意」についてお話しさせていただきます。

①実際の間取りを確認する。

図面集 (480x360)

モデルルームでは華やかな空間となっており、「ここに住みたい!」という雰囲気を感じさせることが多くなっていますね。
ですが、ここで少し確認する必要があります。
それは「実際の間取り」に関してです。
多くの場合、モデルルームでは「間取り変更のオプション」をされているケースが多くなっています。(※3LDK→2LDKなど)
当然のことながら部屋が広く見えることになるため、モデルルームを参考にしてマンションを購入した場合、入居後「思ったより狭い!」となってしまいがちです。
それを避けるためにも、「図面集」などで実際の間取りを確認する様にしましょう。

②家具・インテリアを参考にする

モデルルーム見学 (480x360)

モデルルームでは、ほとんどの場合「プロ」の手によってインテリアや空間づくりがされています。
ここで言う「参考」とは、インテリアの色合い、サイズを確認しておくということです。
可能であればインテリアを写真撮影しておき、置かれている家具のサイズを測っておきましょう。
それによってマンション購入後の家具探しがグッと楽になるだけでなく、モデルルームと同じ様な部屋を演出しやすくなります。

③周辺環境を確認する

モデルルーム模型 (480x360)

モデルルームでは、多くの場合「模型」が置かれています。
実は、この模型には参考になる要素が多くなっています。
周辺環境や建物の配置をしっかりと確認しておきましょう。
また、商業施設・駅距離・学区の他、周辺で「空き地」や「駐車場」など、開発が行われそうな場所がないか確認しておくのも有効です。
それによって、将来「景色」や「日当たり」を阻害する建物が建設されないか予測することができます。

④住宅ローンについて確認する

管理・修繕費 (480x360)

マンション購入後は、月々の支払いが必要になってきます。
ですが、実は住宅ローンの他、下記の様な支払いが必要になるのをご存知ですか?
それは、「管理費」「修繕積立金」「固定資産税」などです。
ここで、月々のローン支払いが70000円のマンションを購入した場合の例をあげます。

「住宅ローン」
70000円

「管理費」
8000円

「修繕積立金」
6000円

「固定資産税※年120000円」
10000円(12分の1にて計算)

「住宅ローン」+「管理費」+「修繕積立金」=94000円

上記の支払いが必要となってきます。
車が必要な場合は、別途「駐車場代」も必要になってきますね。
マンションの購入を検討する場合は、住宅ローンの他「管理費・修繕積立金・固定資産税」の支払いが必要になるということを頭に入れておきましょう。

⑤要望書の状況

要望書・抽選 (480x360)

マンションが人気物件となった場合、「抽選」となるケースが多くなります。
どうしても欲しい物件であった場合、可能であれば抽選は避けて通りたいもの。
その為にも要望書提出の状況や人気間取りを確認した上で、自分達が購入すべき部屋を検討するのがオススメです。

以上、今回は皆様の住宅購入をより充実したものに繋げるべく「モデルルームの極意」についてお話ししました。

モデルルームは、マンション購入前に部屋などや詳細などを確認できる貴重な機会です。

住宅購入を成功に導くためにも、モデルルームでは確認するポイントをきちんと押さえるようにしましょう。

マンションのオプション販売、正直どうなの?

「オプション販売」

新築マンションを購入した多くの方は、一度は耳にしたことがありますよね?

マンション購入後、多くの場合は「オプション販売」と言うものがあります。

「オプション販売」と言うのは、マンションの販売を行ったデベロッパー側が業者と提携して「エアコン」や「エコカラット」「浴室テレビ」などの販売を行うというものです。
購入から入居までに「マンションオプション販売会」と呼ばれるものがありますが、そこで各種サービスの販売を行います。

そんな「オプション販売」に関してですが、多くの方が「高いんじゃないかな?」であったり「マンションデベロッパー側が販売してるし、選んだ方がいいのかな?」といった悩みを持たれているのではないかと思います。

これからそんな悩みを解決すべく、「オプション販売」について「選んだ方がいいのかどうか」を含めてお話しさせていただきます。

オプション販売 (480x360)

まず、結論から入ります。

「マンションのオプション販売は選んだ方がいいと思います。」

何故か?
それは「オプション販売」の「メリット」と「デメリット」を比較すればわかりやすいので、比較してみたいと思います。

【メリット】
①入居までに対応可能
②安心感がある
③施工の腕が良い

【デメリット】
①価格が高い
②自分で業者と打ち合わせ・トラブル時は自己責任

まず、メリットから説明させていただきます。

①の「入居までに対応可能」に関してですが、マンションオプション販売で購入した場合、基本的に入居日までに施工が完了しています。
入居した時には、選んだオプションが全て施工されており、そのまま生活に入ることが可能です。

②の「安心感」についてですが、「オプション販売」の場合、マンションデベロッパーの「提携業者」に施工の責任があります。
多くの場合、「提携業者」はマンションデベロッパーの仕事を多数抱えているため、より万全を期した施工の形となります。
万が一施工の不具合が起きた場合でも、責任を負ってもらえるので安心して任せることができます。

③の「施工の腕が良い」に関してですが、マンションデベロッパーと提携している業者は施工の腕が良い職人を多数抱えています。
施工の技術がなければ、マンションデベロッパーからの依頼は来ませんからね。
その為、必然的に質の高い仕上がりとなります。

次に「デメリット」の説明に入ります。

まず①の「価格が高い」に関してですが、「オプション販売」の場合、基本的に相場よりも価格が高くなります。
「安心料」と言っても良いかもしれません。

次に②の「自分で業者と打ち合わせ・トラブル時は自己責任」に関してですが、安くしようと自分でオプション販売同等品の取付を考える場合は、自ら業者を探し出し、日程調整などの打ち合わせを行わなければいけません。
また、万が一施工に不具合があった場合、責任がどこにあるのか業者と詰めなければいけません。
最悪自分達で補修するケースも出てきます。
これは大変な労力ですね。

以上が「オプション販売」のメリット・デメリットとなります。

マンションというのは何十年も長く住むものであり、とても大きな買い物です。
それであれば少し位高くでも「オプション販売」でサービスを購入し、「気持ちよく」入居したいものですね。

ですが、どうしても予算の関係やその時の状況などで、「オプション販売」よりも安くすませる必要がある場合があると思います。

状況によって柔軟に対応するのも大切なことですね。

マンション購入後、売却を成功に導く為の3つの極意

「マンションの売却」

例えば、急な転勤が決まった時。
家族構成が増えた時。
もしくは減った時。

場合によってマンションの売却が必要となるケースが出てきます。

「本当にマンションを売却できるかな?」

そんな不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はマンションの売却を「成功」へ導くべく「3つの極意」についてお話しさせていただきます。

マンション売却 (480x360)
※マンション売却を成功に導く方法とは?

マンションを売却するということは、そのマンションは新築ではなく「中古」となっていますよね?

ここで少し考えてください。

皆さんが中古マンションを購入する場合、どの様なマンションを検討しますか?

そのイメージを踏まえた上で、3つの極意について説明させていただきます。

①清潔感(内装・匂いなど)

ルームフレグランス (480x360)
※ルームフレグランスは部屋の清潔感をアップさせるのにオススメのアイテムです!

まず大切なのは、「清潔感」です。

考えてみてください。

中古マンションを購入しようとして現地に行った所、部屋のあちらこちらでカビが生えており、不快な匂いがしたら、そのマンションの購入を躊躇してしまうものですよね?

反対に部屋が綺麗に手入れされており、心地良い香りがする清潔な部屋だったらどうでしょうか?
その部屋への好感度が上がり、購入への意欲が湧くかもしれませんよね?

これでわかるように、売却しようとしている部屋を「清潔」にするのはとても大切なポイントです。

可能であれば、壁紙が破れているところは補修を行い(※簡易的なものでも可)、水回りが汚れている場合は綺麗に掃除をしておきましょう。

加えて、部屋の匂いを心地良くしておくのも大変効果的です。

例えば部屋には「ルームフレグランス」、トイレには「消臭剤」などを使用しておくと、心地良い香りを広げることができ、清潔感が大きく向上する効果が期待できます。

とても重要なポイントだと思いますので、可能であれば部屋の清潔感は必ず演出するようにしましょう。

②部屋を空室にしておく(不可の場合はインテリアに気を付ける)

モデルルーム売却②
※部屋の雰囲気はとても大切!インテリアには気を付けよう。

可能であれば空室の方が、検討者の印象がアップする傾向にあるのではないかと思います。

例えば自分が中古マンションを購入する場合、生活感のある部屋を見るよりも、退去してスッキリとした部屋を見たほうが好印象ですよね?
やはり入居した状態だと、どうしても普段の生活や部屋の状況を垣間見ることになり、検討者の印象が下がりやすいと思います。

とは言え、実際には退去するのが難しい場合もあります。

その様な場合は、部屋のインテリアやトイレ・バスルームなどの水回り、収納部分など隅々まで綺麗に見せる工夫をしましょう。

事前に不要な物を処分しておくと、部屋をスッキリと綺麗に見せやすくなります。

ポイントは「できるだけ生活感を出さない」ようにすること。

細かいことかもしれませんが、この様な取り組みが満足いくマンション売却に繋がるのではないでしょうか。

③販売力のある不動産会社と契約をする

マンション売却極意 (480x360)
※不動産会社との契約とは?

マンションを売却する場合、一般的には不動産会社と契約を交わします。

具体的には、下記の様な方法があります。

「専属専任媒介」
・不動産会社一社に対して契約
・1週間に1度以上、依頼者へ状況報告の義務有り
・自ら売却先を見つけた場合も、契約した不動産会社を通じて取引を実施する
・契約の有効期限は3ヶ月以内
・レインズ(指定流通機構)へ媒介契約締結日より5日以内に登録

「専任媒介」
・不動産会社一社に対して契約
・2週間に1度以上、依頼者へ状況報告の義務有り
・自ら売却先を見つけた場合、不動産会社を通さず取引可能
・契約の有効期限は3ヶ月以内
・レインズ(指定流通機構)へ媒介契約締結日より7日以内に登録

「一般媒介」
・複数の不動産会社と契約可能
・自ら売却先を見つけた場合、不動産会社を通さず取引可能

※不動産会社による仲介の際は「手数料」などが必要となります。

どの方法が良いのかは状況によりますので、自ら要望する形で契約するのがベストなのではないかと思います。

また、マンション売却の際には、販売力のある会社と契約をするのがオススメです。

例えば、「インターネットを活用した有効なツールを使用している」や「地域での知名度が高い(地域密着)」などの特徴を持つ会社と契約を行えば、多くの検討者にマンション情報を提供することができます。

やはり多くの検討者に対して情報提供を行った方が、売却率が上がる傾向になるのではないかと思います。

事前に不動産会社の「特徴」や「強み」をしっかりと見極め、契約を結ぶ様にしましょう。

マンションのエントランス、知識・チェックポイントは?

マンションの「エントランス」

マンションの顔とも言える「エントランス」に関して、皆様はどの様な印象をお持ちですか?

マンション購入を検討されている方にとって、「エントランス」の計画や雰囲気は気になる部分なのではないでしょうか?

それもそのはず。

一般的に「エントランス」はマンションへ入る際、住民や来客が最初に通る場所となります。
そんなエントランスの雰囲気や造りに対して気になるのは当然だと言えますよね。

今回は、そんな「エントランス」に関しての知識・チェックポイントについてお話させていただきます。

「マンションのエントランスって?」

エントランスとは、一般的に「マンションの入口」部分の事を指します。

「エントランスホール」

エントランスはマンションによって千差満別の形態がありますが、一般的に広くて天井高が高くなっているホールのことを「エントランスホール」と呼びます。

エントランス (450x338)
※エントランスホール

タワーマンションなどエントランスホールに力を入れている物件はよく見られるものであり、エントランスが充実しているマンションは、それだけで魅力的だと感じる方も多いのではないかと思います。

「エントランスロビー」

エントランスロビーとはパブリックスペースのことを指し、一般的には多くの人に解放された空間のことを指します。

エントランスロビー (450x338)
※エントランスロビー

マンションの場合、吹き抜けなどの広い空間を生かした場所に設けられていることが多く、待合室などの用途に使用されています。

エントランスロビーにはデザイン性を持っているものも多く、その空間や内装などにこだわりを見せているマンションも見られます。

「風除室」

その他にも、エントランスには多くの場合「風除室」と呼ばれるものが設けられています。

風除室 (450x338)
※風除室

風除室とは、外気がマンション内へ入り込むのを緩和する役割を果たしています。

マンションによっては、この風除室に関してもこだわりを見せているものも見られます。

多くの場合、風除室は最初に目にするものなので、風除室にデザイン性を持つマンションは、それだけでも空間を創る役割を果たしていると言えるのではないでしょうか。

「コンシェルジュカウンター」

タワーマンションでは、コンシェルジュが在中している場合があります。

カウンター (450x338)

その様な場合、コンセルジュカウンターが設けられているケースが多く、マンションによっては豪華な雰囲気を演出している場合があります。

「エントランスホールのチェックポイント」

新築・中古問わず、エントランスホールに対してチェックすることをオススメします。

「中古の場合」

・内装・インテリア
・エレベーターホールまでの動線
・清掃がキチンとされているか

「新築の場合」

・図面から、エントランスの「高さ」「広さ」をチェック
・入口からエレベーターホールまでの動線

エントランスホールはマンション内部に入るときに通る場所であり、マンションの顔とも言える部分です。

その印象が、マンションのイメージへ及ぼす影響も大きいと言っても過言ではありません。

マンション購入をご検討中の方は、エントランスホールに対して細かくチェックすることをオススメします。

簡単!中古マンション購入前に確認したい管理状況のポイント

「マンションは管理を買え」

こんな言葉を皆さんは聞いたことがありますか?

「聞いたことがある!」
「う~ん、聞いたことがないな。」

など、色々な方がいるのではないでしょうか?

実はこのマンションの管理というのは大切なもので、入居後の住環境に関わると言ってもいい程です。

キチンと管理が行われているマンションは、住み心地が良いと言えるものとなりやすいですし、反対に管理の行き届いていないマンションは、少し住みにくい環境になるかもしれません。

ですので、中古マンションの購入前、管理の状況に関しては必ずチェックしておきたいものです。

「どこを確認すればいいの?」

そう疑問に思う方も多いかもしれません。

そこで、これから中古マンション購入前にチェックしておきたい「簡単な」管理状況チェックポイントについてお話しさせていただきます。

マンション管理チェック (480x360)

チェックしておきたいポイント①「共用部」

マンションの共用部は、必ずチェックしておきたいポイントです。
共用部には、管理の状況が現れやすくなっています。

具体的には、

「エントランス」
「郵便ボックス」
「エレベーター」

これらの「清掃状況」や「清潔感」は確認しておきたいもの。

管理が行き届かず、清掃がキチンとされてなければ、これらの共用部分が汚れ、清潔感が感じられなくなってきます。

入居後の生活において共用部分が汚ければ、やはり気持ちよく生活しにくいものですよね?

これら共用部は、是非共確認しておきたいものです。

チェックしておきたいポイント②「廊下」

マンション検討時に内覧を行う際、「廊下」も是非共チェックするようにしましょう。

具体的には、「私物」が置かれていないか、ゴミなどが散らばっていないかを確認しておくと有効です。

廊下は基本的に「共用部」であり、多くのマンションでは私物を置くことが禁止されています。

廊下に私物を置くと、住民同士のトラブルへと発展する可能性がある為、事前に廊下の状況も確認しておくのがベターです。

チェックしておきたいポイント③「ゴミ置き場」

ゴミ置き場もチェックしておくポイントです。

ゴミがキチンと出されているか?
ゴミ出しの日程は守られているか?
必要以上に汚れていないか?

などをチェックしておくと有効です。

ゴミ置き場は、管理の状況が現れやすい場所でもある為、可能であれば必ずチェックするようにしましょう。

チェックしておきたいポイント④「マンション前の駐輪」

マンション前の駐輪も確認しておきたいポイントです。

マンション規約にもよるのですが、あまりにもマンション前に駐輪が目立つ場合、管理側からの注意が行き届いていないか、対策が不十分である可能性があります。

問題に対しての意識や対応が垣間見られる部分でもあると思いますので、この様な所もチェックしておきたい所です。

チェックしておきたいポイント⑤「掲示板」

最後に、可能であればマンションの掲示板にも目を通すようにしておきましょう。

掲示板には、マンションの現状や問題点などが書かれている場合があります。

事前に目を通しておくことで、よりそのマンションの状況を知ることができるのではないかと思います。

マンション管理に関してのチェックポイント まとめ

以上、マンション管理に関してのチェックポイントについてお話しさせていただきました。

①共用部
②廊下
③ゴミ置き場
④マンション前の駐輪
⑤掲示板

マンションにおいて管理というのは大切なポイントですので、以上の項目を事前にチェックすることが大切なのではないかと思います。

マンション内覧の際、どうしても部屋内などの専有部分に目が行きがちですが、共用部などもチェックすることで、よりそのマンションを知ることに繋がります。

大切なのは、入居後の生活です。

より良いマンション購入の為にも、管理状況は必ず調べるようにしましょう。

極限マンションレポート まとめ

以上、マンション購入時に知っておきたいポイントについてお話しさせていただきました。

冒頭にお話したように、マンション購入について知識をしっておくのとそうでないのでは、結果に差がつきやすくなります。

%e6%a5%b5%e9%99%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88

今回の記事が、皆様のマンション購入のお役に立てることを期待しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.