ヨドバシ梅田タワー~大阪駅北側、34階建てホテル

「ヨドバシ梅田タワー 現在の状況」

写真の通り、ヨドバシカメラ梅田のペデストリアンデッキが新たに開通し、大阪駅からのアクセスがより便利になりました。

阪急梅田駅などへの接続も今後予定されているとの事ですので、こちらの完成も楽しみです。

ヨドバシ梅田タワーも工事が進んでおり、完成と共にこの周辺はより一層充実した街並みとなりそうです。

今後の情報や動向に注目していきたいですね。

2017年7月更新分レポート

ヨドバシ梅田タワー現地の隣にある「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田」のペデストリアンデッキが、2017年6月30日に一部開通しました。

「現地の様子」

ペデストリアンデッキの全面開通は、「2017年9月30日」を予定しています。

計画によると、将来的にはヨドバシ梅田タワーにもペデストリアンデッキが繋がるようです。

進化していく梅田の街並み。

これからの発展が楽しみですね。

ヨドバシ梅田タワー 2017年5月の状況

「現地の状況」

ヨドバシ梅田タワー 近況

ヨドバシ梅田タワー 現地

ヨドバシ梅田タワー 駐車場

ヨドバシ梅田タワーに関してですが、順調に工事が進んでいるようです。

梅田エリアに誕生するビッグプロジェクトですので、これからの動向が注目されます。

ホテルやテナントなど、今後の情報が楽しみです。

引き続き、動向を追っていきたいと思います。

ヨドバシ梅田タワー 2016年9月の状況

「ヨドバシ梅田タワーが建設される」
昨日、そんなニュースが世間に流れました。

恐らく多くの方が今回の開発に対して興味があるのではないかと思います。

今回はヨドバシ梅田タワーについての説明と、私が考えるメリットについてお話しさせていただきたいと思います。

ヨドバシ梅田タワー 詳細

ヨドバシ梅田タワーってどんな開発?

ヨドバシ梅田タワーとは、どの様な開発なのでしょうか?

ヨドバシ梅田タワーは、ヨドバシカメラ北側駐車場に建設される地上34階建て、地下4階、約150mの高層建築物になります。
2017年夏の着工を予定しており、2019年冬頃を開業の目安としています。

「完成予定図」

ヨドバシ梅田タワー

「現地の様子」
※2016年9月現在

ヨドバシ梅田タワー 現地

ヨドバシ梅田タワーでは歩行者用デッキが新設される予定となっており、「JR大阪駅」や「阪急梅田駅」、「グランフロント」とも接続される計画です。

ヨドバシ梅田タワー 歩行者デッキ
※歩行者デッキ イメージ

これによって、大阪駅北側の移動がよりわかりやすくなり、観光客や買い物客にとって、更に便利な環境となるのではないでしょうか。

ヨドバシ梅田タワーでは、店舗に加えて約1000室のホテルも入居する予定となっています。

観光客が増える大阪において、梅田にこの様な規模のホテルができるのは、顧客にとってもプラスになるかもしれません。

観光バスの発着所も新しく作られる予定となっているので、梅田近郊の観光をする際のアクセスが向上するのではないでしょうか。

実はヨドバシカメラ北側の開発に関しては、以前からいくつかの情報が発信されていました。
それが、今回公式に発表された流れとなっています。

個人的には想定していたより大型の開発となりましたので、とても楽しみにしています。

ヨドバシ梅田タワー建設によってもたらされるメリットは?

・ホテル開発による観光客受け皿の拡大
・歩行者デッキ新設により梅田エリアの移動が今まで以上に便利に
・観光バス発着による梅田エリアへのアクセスの向上
・ヨドバシカメラと合わせ、魅力的と思える大型商業施設の誕生

この通り、魅力が数多くあると思えるのが「ヨドバシ梅田タワー」です。

ヨドバシ梅田タワー単体での魅力も数多くありますが、梅田エリアにも良い影響を与える開発になると思います。

梅田エリアでは、うめきた2期や梅田1丁目1番地計画を始め、数多くの大型開発を控えています。
もちろん今回の開発も、注目される開発の一つとなるでしょう。

梅田エリアは勿論、大阪に多くの人を呼び込み、魅了する。

そんなプロジェクトになることを期待しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.