健都マンションプロジェクトを徹底検証~吹田操車場跡地

JR岸辺駅北側でビッグプロジェクトが計画されています。

その名は「健都プロジェクト」
(北大阪健康医療都市)

「医療施設」
「住宅」
「緑・公園」

住む者にとって、魅力的と思える施設が生まれる予定となっている当プロジェクト。

皆様は、どうお思いになりますか?

「病院が一体で開発されることで、住みやすい街になりそう!」
「緑が整備されるのが魅力」
「どんなプロジェクトなのか、興味がある!」

恐らく多くの方は、そう思うのではないかと思います。

今回取り上げる「健都マンション」のプロジェクトは、「総824戸」と数多くの戸数が供給される予定となっています。

これから健都マンションプロジェクトを徹底検証し、その魅力についてお話しさせていただきたいと思います。

健都マンションプロジェクト

健都プロジェクト
※近鉄不動産ニュースリリースより

事業主:近鉄不動産、大和ハウス、名鉄不動産
施工:長谷工コーポレーション
住所:大阪府摂津市千里丘新町701番地 他
敷地面積:19,807.49平米
階数:20階建て(Ⅱ、Ⅲ工区) 15階建て(Ⅰ工区)
専有面積:61.08平米~94.77平米
間取り:2LDK~4LDK
竣工:1棟目:2018年3月 全体:2019年8月

健都マンションプロジェクトの魅力①「大規模開発」

健都マンションプロジェクトでは「医療施設」や「緑」など、周辺と一体化した開発となります。

健都マンションプロジェクト エリア紹介
※健都ホームページより

具体的には「市立吹田市民病院」「国立循環器病研究センター」など、規模の大きな施設となる予定です。

この様な大型の開発では、JR塚口駅の「ズットシティ」、JR明石駅南側の「明石駅南地区市街地再開発」などが現在行われていますが、どちらもマンションを含めた大型開発となっています。

ズットシティの「プラウドシティ塚口マークフロント」、JR明石駅徒歩2分の「プラウドタワー明石」共に竣工前全戸完売したことは記憶に新しいところですね。

今回の健都マンションプロジェクトも、近隣の開発によって、「子育て世帯」「シニア」など、幅広い層から「便利」と思える環境となることが想定されます。

この様な大規模開発というのは、健都マンションプロジェクトの大きな特徴であると言えそうです。

健都マンションプロジェクトの魅力②「20階建てを含むマンション開発」

健都マンションプロジェクトは「15階建て」「20階建て」の開発となり、「20階建て」という点に関しては、岸辺駅徒歩10分以内のマンションの中で「最高層」となる予定です。
※2016年7月現在

最高層ということは、「ランドマーク性」を持ったマンションとなる可能性があります。

健都におけるその他の開発も含めて、一層その様なプロジェクトになるかもしれません。

この様な点に関しても、健都マンションプロジェクトの魅力だと言えるのではないでしょうか。

健都マンションプロジェクト まとめ

・「医療」「住居」「緑」の大規模開発
・「岸辺駅」北側、東西約3キロに及ぶ開発
・20階建て高層マンション

この通り、多くの魅力があると思える健都マンションプロジェクト。

今後、更に概要などの情報が出てくるものだと思われます。

引き続き本物件の動向に注目し、進捗情報をお伝えしていきたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.