マンションと一戸建て、どちらを選ぶべき?

「マンション」か「一戸建て」か?

この選択には、多くの人が頭を悩ますのではないかと思います。

ある意味住宅購入においては、永遠のテーマだと言えるかもしれません。

本日は「マンション」と「一戸建て」の比較を行った上で、住宅購入をより良いもの繋げるべく、いくつかのチェックポイントを皆様にお伝えしたいと思います。

「マンション?」

マンション (480x360)

「一戸建て?」

一戸建て (480x360)

住宅を取り巻く環境

2017年時点、2012年頃と比べ、マンションと一戸建ての価格差が少なくなっています。

その様な住宅情勢を踏まえてか、マンションデベロッパーにおける「一戸建て」の販売が活発です。

「プラウド」で有名な野村不動産は、一戸建てブランド「プラウドシーズン」を各地で展開していますし、三井不動産も一戸建てブランド「ファインコート」を展開しています。

「マンション」「一戸建て」と多様なプロジェクトを比較できる現在の状況は、より自分に合った物件を探しやすい状況であるという見方ができるかもしれません。

マンションと一戸建てそれぞれの特徴を比較

マンションと言えば、戸建てに比べて価格が安く、駅近に建設されることも多いので、「利便性」が長所として思いつくところ。
管理費や修繕積立金は発生しますが、共用部を管理してくれるケースが多いなのもマンションのメリットですね。
その他、タワーマンションなど「眺望」が魅力となる物件もありますし、これらのポイントがマンションの魅力と言えるではないでしょうか。
※上記マンションの強みや魅力は、物件によって異なります。

一方の一戸建てに関しては、やはり土地や建物を所有することによる「自由度の高さ」が魅力でしょう。

例えば、子育てにおいてマンションに比べると「音」を気にせず育てやすいですし、注文住宅では建物の形状、間取りまで自分の希望に近づけることが可能です。

庭がある物件もありますので、これらも一戸建ての魅力だと言えるのかもしれません。

「利便性」
「管理が楽」
「眺望」

上記を要望する人は「マンション」を、

「土地を一人で所有したい」
「騒音問題を避けたい」
「子育てをのびのび行いたい」

上記を要望する人は「一戸建て」がニーズに合うのかもしれません。

自分たちのニーズを認識し、それぞれに合った住宅を購入することで、より満足のいく充実した生活を送ることに繋がるのではないでしょうか。

それぞれの強みや魅力を持つ「マンション」と「一戸建て」。

あなたは、どちらに魅力を感じますか?

自分達にとって、ベストだったと思える物件購入を実現したいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.