2020年開業予定の新箕面駅、周辺の不動産は買いなのか?

「2020年」

大阪府北部に位置する箕面市に、新しい駅が開発される予定となっています。

その名は「新箕面駅」。

北大阪急行電鉄南北線の延伸となる新箕面駅は、箕面市から大阪方面への移動において重要な役割を果たすと考えられます。

「完成予定図」

新箕面駅 イメージ (480x331)

これから新箕面駅の概要と、その周辺環境についてお話しさせていただきます。

新箕面駅の周辺では、今後どのような変化をみせるのか?
今回の開発によって、周囲の不動産はどの様な状況となるのか?

現地に行って調べてみました。

新箕面駅 計画

新箕面駅は、2020年開通にて予定されています。

「工事予定」
※箕面市の資料を参照

新箕面駅 工事期間 (480x304)

「延伸計画」
※箕面市の資料を参照

北大阪急行 予定 (480x255)

「現地計画図」
※箕面市の資料を参照

新箕面駅 整備計画 (337x480)

今回の計画では、千里中央駅から「箕面船場駅」「新箕面駅」という2駅の新設が予定されています。

今回取り上げている「新箕面駅」から梅田まで「24分」(※箕面市発表の資料による)、北大阪急行電鉄南北線では御堂筋線と繋がっている為、「なんば」や天王寺などへのアクセスが行いやすくなります。

御堂筋線には「新大阪駅」もあるので、「JR」や「新幹線」へのアクセスも強化されることになりますね。

アクセスが強化されることにより、住宅・商業施設などの需要が増えるかもしれません。

今回の開発によって、周辺の活性化に繋がる効果も期待できるのではないでしょうか。

新箕面駅建設予定地 現地の様子

「新箕面駅 予定地」

新箕面駅 計画地

「イオンモール」

イオン箕面店

「みのおキューズモール」

みのおキューズモール

「公園」

新箕面駅 周辺 (480x360)

新箕面駅建設予定地の周辺では「大型商業施設」がある他、「自然も豊富」にあり、住環境に恵まれていると言えそうです。

今回の新箕面駅によってアクセスも向上する為、住宅街として人気が出る要素は十分にあるのかもしれません。

現時点では未定ですが、今後開発などが出てくるかもしれないですね。

新箕面駅建設予定地 周辺の不動産は買いなの?

この計画が順調に進んだ場合、「電車でのアクセスが良くなること」、及び「近隣に商業施設」があることから、前述した通り住環境が更に良くなることが想定されます。

そうなると、今以上に人気が出ることが想定されるもの。

「自然に恵まれた便利な環境に住みたい。」
「始発駅に魅力を感じる」

その様なニーズをお持ちの方にとって、新箕面駅建設予定地の周辺を選ぶ選択肢は良いかもしれません。

一方、投資などで購入をご検討されている方は、経済を取り巻く状況を考えながら慎重に判断することが大切だと言えるでしょう。

繰り返しになりますが、周辺は新箕面駅によって更に魅力的な環境になることが予想されます。

この周辺が気になる方は、進捗状況、周辺の開発情報などの情報を収集するのも必要なのではないでしょうか。

※あくまで今回の記事は「順調に新箕面駅の計画が進んだ場合」を前提としてお話しさせていただきます。
※計画が予定通り進まない可能性もある為、あくまで「参考」としてご覧下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.