新築マンション購入検討者の悩み?どうなる消費税?

どうなる、消費税?

新築マンションの購入者にとって悩ましい消費税の増税。

それもそのはず。

消費税が8%→10%に増税された場合、4000万円の新築マンションですと、320万円→400万円と80万円も消費税が上がることになります。
※あくまでも例です。新築マンションの場合、税込販売価格が価格表に記載されていることが多くなります。

サラリーマンの平均年収が400万円強であると言われる現在。

組むことができる住宅ローンの年収倍率は7.5倍程だと言われていますので、単純計算すると3000万円程の住宅ローンを組むことができる計算となります。

2016年 消費税増税

こうやって考えると、新築マンション購入者検討者にとって消費税が上がるのは、やはり悩みの種となりそうですね。

現在の新築マンションを取り巻く環境としては、建設費の高騰によって分譲価格が上昇している一方、住宅ローン金利が低い状況となっています。

これに加え、消費税の行方によって今後新築マンション市場に変化が出てくるのではないかと思います。

伊勢志摩サミット終了後、消費税に関しての動きがあるものだと思われますので、その発表を待ちたいところですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.