新築マンションの内覧会でチェックしたい3つのポイント

「さあ、明日は内覧会だ!」

完成前に新築マンションを購入した場合、基本的に「マンション内覧会」が入居前に行われます。

マンション購入後、完成を待ちわびていた我が家。
どんな完成具合となっているか心躍るものですよね。

ですが、ちょっと待ってください。

実は新築マンションの内覧会は、不具合箇所などを確認する場でもあることをご存じですか?

「もちろん知ってるよ!」

そんな方も多いと思います。

ですが、どうせだったらより有意義なマンションの内覧会を行ないたいと思いませんか?

「当然そうだよ。でも、そんな方法ってあるの?」

はい、ございます。

今回はマンションの内覧会を有意義に行うべく、新築マンション内覧会のチェックしたい3つのポイントについてお話しさせていただきます。

マンションの内覧会でチェックしたいポイント①「建具の建て付け」

マンション内覧会建具

マンションの内覧時、建具の建て付けは絶対にチェックしておきたいポイントです。

具体的には、「ドアの開け閉めがスムーズにいくか」であったり「引き戸がスムーズに開け閉めできるか」といったポイントをチェックしましょう。

ほとんどの場合問題を感じる様な不具合はありませんが、入居前に不具合を発見しておくと、その後の対応がスムーズにいきます。

建具に関してまれに気になる点が出る場合がありますので、必ずチェックする様にしましょう。

マンションの内覧会でチェックしたいポイント②「水回り」

マンション内覧会水回り

水回りに関してもチェックしておきたいポイントです。
キッチンや洗面所がそれに辺ります。

可能であれば、水を張るなどして水が漏れていないか確認する様にしましょう。

入居後に不具合を発見した場合、事前の不具合かどうか判断できず、保証の対象にならない場合もまれにあります。

ですので、可能であれば内覧会時に不具合の有無をチェックしておく様にしましょう。

マンションの内覧会でチェックしたいポイント③「家具の配置」

新築マンション内覧会

マンションの内覧会でチェックしたいポイントとして、入居後の家具の配置を確認しておくことをオススメします。

内覧会にて時間が取れる場合、新聞紙などを切り抜いて家具を実際に置くことができるかどうかチェックしておくと、入居時の引越しや入居後の家具の設置がスムーズにいきやすくなります。

せっかく購入した家具、考えとイメージが異なると困ってしまうものですよね?

入居後の生活が一番大切なものとなりますので、可能であれば内覧時にチェックするようにしましょう。

細かなキズはどこまで確認する?

たまに細かな傷を指摘して何十箇所と修正するケースがみられます。

細かな傷に関して気になるものは修正してもらった方がいいと思いますが、入居後にも傷は付いてしまうものです。

ですので、細かなキズに関してはあまり神経質になる必要は無いかもしれません。

建具や水回りの不具合は生活に支障をきたす可能性がある為、そちらを優先的に確認する方がいいのかもしれませんね。

業者に依頼することも有効な方法!

内覧時、内覧会に同行して不具合等を確認するサービスを行っている業者もあります。

業者に依頼した場合、より細かく不具合の有無を調べた上指摘してもらうことができますし、プロならではの調べ方をするので安心して任せることができます。

せっかく高いお金を出して購入したマンションですので、多少お金がかかっても業者にチェックしてもらうのも良いかもしれません。

マンション内覧会でチェックしたい3つのポイント まとめ

①建具の建て付けをチェックする
②水回りをチェックする
③家具の配置を確認する

入居後にスムーズな生活を営む為にも、上の項目は必ずチェックしておくのがオススメです。

細かなキズに関してもチェックする必要はあるかと思いますが、それ以上に大切なのは基本的な構造のチェックです。

建具や水回りに不具合があると生活にも悪影響を及ぼしかねないですし、修繕を自費で行うとなった場合、費用もそれなりにかかってきます。

入居後に発覚した場合、ケースによっては修繕してもらえないケースもあります。
普段の生活によって不具合にある場合もあるからです。
そのような場合、見分けが付きにくいですよね。

内覧時に不具合を発見することができた場合はほぼ確実にデベロッパー側で修繕してもらえるので、是非これらのことはチェックするようにしましょう。

以上、今回は内覧会のチェック項目についてお話しさせていただきました。

内覧会とは、とても大切なものです。

今回お伝えした内容によって、皆様のマンションライフがより快適なものになりますことを期待しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.