選ぶべきフローリングの色は?カラー別の特徴、教えます

「あぁフローリングの色、どうしよう!」

マンション、一戸建て、購入、賃貸を問わずフローリングの色には頭を悩ませがちなもの。
何故なら、フローリングの色によって部屋の雰囲気がガラッと変わってしまうからです。

「シックて落ち着いた色にしたい」
「温かみの溢れる部屋にしたい」
「スッキリと清潔感のあるリビングにしたい」

など、自宅に対するこだわりというのは皆様お持ちですよね?
可能であれば、希望に合うスタイルの部屋をつくりたいと思いませんか?

それを叶えるためにも、実はフローリングの色というのは大切な要素となります。
部屋のベースをつくるのにかかせないものだからです。

「じゃあ、どんな色を選べばいいの?」

こだわりの部屋をつくりたいあなたに、今回は選ぶべきフローリングの色についての情報をお届けしたいと思います。

フローリングの色の特徴

まず住宅を購入した際、多くの場合フローリングは3種類の色に分けられます。

①ナチュラル系
②ダーク系
③ホワイト系

新築住宅の購入を検討した多くの方は、これらの色からフローリングや建具を選ぶ経験をしたことがあるかと思います。

このフローリングの色は、自宅のテイストを決めるのにとても大切なものです。

それぞれの色の特徴は、下記の通りとなります。

ナチュラル系

ナチュラル色フローリング

ナチュラル系のフローリングの特徴は、「温かみ」のある部屋を再現しやすいという点ではないでしょうか。

また、家具の組み合わせに関しても選びやすいカラーとなっている為、数多くのニーズに応えることができる色目だといえるかもしれません。

ですが、一方で無難になりやすいという特徴もある為、インテリアにこだわる方はどこかに小物などでアクセントを加えるなどの工夫をする必要があるでしょう。

【オススメのインテリアカラー】

薄いグリーン系+アイボリー系
ブラウン+オレンジ系
濃い目のブラウン系+黄緑系(一般的な畳の色)

ダーク系

ダークブラウン色フローリング

ダーク系の色の特徴としては、部屋が落ち着いた感じになりやすいという特徴があります。

モダン系にピッタリの色目となっており、部屋をシックにまとめたい方にオススメの色となっています。

高級感も演出しやすい色となっている為、それを全面に出したい方にとってもオススメです。

【オススメのインテリアカラー】

グレー系+ホワイト系
グレー系+ブルー系
グリーン系+アイボリー系

ホワイト系

ホワイト色フローリング

ホワイト系のフローリングは、清潔感があり、明るい部屋になりやすいという特徴があります。

ホワイト系の色は部屋を広く見せやすいという特徴もある為、それらを上手に活用したいものです。

「北欧モダン」や「ヴィンテージ風」のインテリアなどに合う色目となっている為、その特徴を引き出すことのできるインテリアを組み合わせたいものですね。

【オススメのインテリアカラー】

ブルー系+パープル系
ピンク系+グレー系
グリーン系+ブルー系

フローリングの色は慎重に決めよう!

以上、フローリングの色の特徴について書かせていただきました。

住宅を選ぶ際、フローリングの色に関しては慎重に決めるようにしましょう。

決定するとその色をベースとした部屋のスタイルとなりますし、気に入らないのでフローリングを変更したいという場合でも多額の費用が発生します。

「他の人はこれを選んでいる人が多い」などの声ではなく、自分達がどの様な部屋を求めているのかを考えた上で決定すると良いでしょう。

フローリングの色は自宅選びにおいて大切なものです。

今回の記事が、皆様のお部屋選びのお役に立てることを期待しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.