ガス給湯器の耐用年数ってどれ位?号数のオススメは?

「ガス給湯器」

「ガス給湯器」によって、お風呂や蛇口からお湯を使用しているケースは多いのではないでしょうか?

このように、多くのご家庭で使用されているガス給湯器。

皆さんは耐用年数がどれ位なのかご存知ですか?

また、ガス給湯器には「号数」というものがあります。
聞いたことがある人もいれば、初めて聞くという方もいるかもしれません。

本日はガス給湯器の「耐用年数」「号数」を中心に、「ガスの種類」などを合わせながら「ガス給湯器」の特徴についてご説明させていただきたいと思います。

ガス給湯器④ (208x229)
※ガス給湯器の特徴とは?

①ガスの種類ってどんなものがあるの?

ガス給湯器には、大きく分けて2つのパターンがあります。

①都市ガス
②プロパンガス

一般的に都市ガスは都心などで使用されていることが多く、プロパンガスは地方で使用されているケースが多いのではと思います。

住んでいる地域によって使用しているガスの種類が異なるため、ガス給湯器の設置や取替の際は、この「ガスの種類」を確認する必要があります。

②号数って何?

また、ガス給湯器には「給湯号数」というものがあり、号数により使用できるお湯の量が変わります。
例えば、一般的な家族4人の場合、「24号」がオススメのプランとなりますし、一人暮らしや賃貸マンションなどでは「16号」がオススメのプランとなります。
実際の使用状況や、既存の場合は現在使用されているガス給湯器などによって必要な号数を選定する必要がある為、「号数」は慎重且つ正確に選定しておきたいところですね。

③耐用年数はどれ位?

一般的にガス給湯器の寿命は、約10年~15年と言われています。
もし、最近ガス給湯器の様子がおかしい、もしくは取替えが必要だとなった場合は早めに交換するのがオススメです。
ガスはお風呂に、炊事と様々なシーンで活躍するものです。
「お湯が出ない!」という状況になったら大変なことになりますので、早めに交換した方が生活や費用負担(銭湯代)などが軽減されるのではないかと思います。

目安としては、給湯器からの異音や、お湯の温度が今イチぬるいといった状況が出てきます。
そんな時は、ひょっとしたら交換が必要だというサインが出ているのかもしれません。

④ガスを取り巻く状況は?

ガス給湯器を取り巻く状況についてですが、近年では「エコジョーズ」などより省エネ性のある効率的な商品も出ています。

その他、「イニシャルコストを抑えたい」というニーズであったり、「月々のガス代を抑えたい」というニーズまで、消費者にとってはニーズを満たしやすい環境となっているのではないでしょうか。

このように、生活に必要と言える「ガス」

ガス給湯器の特徴を知り自分に合った機器を選定した上で、より生活が快適なものになるようにしていきたいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.