あぁ目の前に建物が。将来的な眺望を予測するポイント

「眺望の良い自宅」

部屋からの眺望が良い自宅というのは、やはり気持ちの良いものです。

ですが、1つ問題も。

それは「価格」

一般的に眺望の良いお部屋というのは、価格が高くなりがちなもの。
マンションでは眺望の良い上層階になるほど、価格が高くなるのが一般的です。

「それでも眺望が良い部屋がいいから、高いお金を払って購入する!」

眺望にこだわりを持つ方の場合、そう思われることも多いのではないでしょうか?

ですが、もしも、その様に高い価格を払って購入した部屋なのに眺望を阻害する様な建築物が建てられたら・・・。
皆様はどう思われますか?

「高い価格を出して購入した部屋なのに!」
「こんなハズじゃなかった・・・。」

恐らく、そう思われるのではないかと思います。

そんな事態を防ぐ為に大切なもの。
それは、「将来の周辺環境を予測すること」です。

「そんなことできるの?」

そう思われる方も多いかもしれません。

正直全てを防ぐことができるとは思いません。
ですが、「眺望が阻害される建物」を回避することは可能なのではないかと思います。

皆様のマンション購入に貢献すべく、これからその方法についてお話しさせていただきます。

眺望チェックポイント
※将来的な眺望を予測するポイントとは?

眺望を予測するポイント①用途地域

眺望を予測するポイントで大切なのは、「用途地域」を確認するということです。

用途地域とは「商業地域」や「準工業地域」、「第一種住居地域」などのことです。

一般的に高層マンションは「商業地域」に建設されることが多く、低層マンションは「住居地域」系の用途地域に建設されることが多くなります。
※全てではありません。上記用途地域以外にも高層・低層マンションが建設される場合もございます。

購入を検討しているマンション周辺の用途地域は確認しておきたいもの。

調べる方法としては、公共のページから確認することが可能です。
(大阪の場合は「マップナビおおさか」など)

多くの場合、Googleなどで「○○市 用途地域」で調べると検索できる公共のサイトがヒットします。
是非共、有効活用して周辺の環境を事前に予測するようにしましょう。

眺望を予測するポイント②周辺環境をチェックする

将来の眺望を予測するポイントの二つ目は、「周辺環境をチェックする」ということです。

具体的には、「パーキング」や「建替されそうな商業ビルや社宅、マンションなどの建築物」をチェックするようにしましょう。

特にリビングのバルコニー側の環境をチェックしておくと有効です。

多くの場合、生活において眺望を楽しむシーンが多いのは「リビング」だと思います。
※生活スタイルによって異なりますので、全てだとは限りません。

実際に現地の周辺を確認し、パーキングの有無、建築物の状況などをチェックするようにしましょう。

眺望を予測するポイント まとめ

以上、将来の眺望を予測するポイントについてお話しさせていただきました。

・用途地域
・周辺環境

マンションの眺望にこだわる方は、上記二つの項目をチェックしておいた方が有効です。

例えば、リビングのバルコニー側の用途地域が「第一種低層住居専用地域」であった上で区画が小さく区切られていた場合、それよりも高さが高いマンションであれば、眺望が確保されやすくなります。
※全てではありません。

反対に、用途地域が商業地域且つリビングのバルコニー側に大きなパーキングがある場合、将来的に高層建築物が建設される可能性があります。
※こちらも必ずではありません。

これらはあくまで「想定」ではありますが、眺望にこだわりを持ってマンションを購入する場合、将来の眺望について予測するようにしましょう。

せっかく高いお金を出してマンションを購入するのであれば、長く眺望を楽しみながら毎日を過ごしたいものですよね?

その為に大切なのは、事前の予測。

マンション購入をより良いものとする為、これらのポイントに関しては必ずチェックするようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.