知ってますか?日本とロサンゼルスの住宅売却日数の違いについて

日本とロサンゼルスでは、住宅売却にかかる日数が違う?

「転勤」
「家族が増えた」
「新しい家が欲しい」
「生活スタイルが変わった」

などで住宅を売却する際、どれ位の時間がかかるものなのでしょうか?

「う~ん、どれ位かかるんだろう?」

恐らく、多くの方はその日数について疑問に思うのではないかと思います。

また、日本で考える場合と海外で考える場合では、当然のことながらその日数も異なってきます。

日本で住宅売却を考える際、海外がどの様な日数で売却が行われているか知っておくのも役に立つのではないかと思います。

何故その様な日数で住宅が売却できるか、理由を知ることに繋がるからです。

そこで今回は、「日本」と「ロサンゼルス」での住宅売却における期間の違いにスポットを当ててお話しさせていただきたいと思います。

日本ロサンゼルス住宅売却
※日本とロサンゼルスの住宅売却日数の違いとは?

日本で必要な住宅売却に日数ってどれくらい?

あくまで目安ではありますが、日本では「3ヶ月」が住宅売却にかかる日数となります。

「内装の状況」
「築年数」
「立地」

上記の様な「条件」で必要な日数は前後してくるのですが、この「3ヶ月」という数字が1つの目安となります。

3ヶ月で売却が決まらないような場合、「価格が相場より高い」場合や、「仲介業者による活動が行き届いていない」というケースも考えられます。

その為、「価格の見直し」や「仲介業者の変更」を検討する必要があるかもしれません。

ロサンゼルスの住宅売却日数はどれくらい?

一方、ロサンゼルスの住宅売却日数はどれくらいなのでしょうか?

ケースによってバラバラなのですが、早ければ「1週間」、大体の場合「1ヶ月程」で決まるケースが多くなります。
※全てではありません。物件の状況や立地などにより異なります。

ロサンゼルスは人気のある地域となるのですが、理由はそれだけではありません。

では、一体日本と何が違うのでしょうか?

日本とロサンゼルスとの違い

日本では「両手取引」などが多くなっていますが、ロサンゼルスでは基本的にそうではありません。

結果的に物件の情報がユーザーまで行き届き、「適正価格」で流通されることが多くなります。

一方で日本の場合ですと、果たしてどうでしょうか?

恐らく多くの方が「新規で出てきた物件の価格は高い」という印象をお持ちのことだと思います。
また、不動産業者に行って初めて知るような物件も、中にはありますよね?

価格が高く、物件の情報が少なければ売れにくいのは当然のこと。

この様な違いが、1つの要因になっているのかもしれません。

アメリカでは不動産エージェントが不動産取引の中心に

また、アメリカでは「不動産エージェント」がお客様の代理人として不動産取引を行うスタイルが多いというのも、要因としてあるかもしれません。

不動産取引は「知識」が豊富である程、心強いポイントとなります。

アメリカでは不動産取引を優秀な不動産エージェントに頼む為、必然的に良い結果に繋がっているのかもしれません。

日本では宅建業法などの関係上、どうしても不動産業者が強い立場になりやすいと言えそうな環境です。

だからこそ不動産エージェントを通じて不動産取引を行うことが、アメリカと同じように住宅売却の期間を叶えることに繋がるのかもしれません。

日本ロサンゼルス不動産売却
※アメリカでは不動産エージェントへの依頼もポイントに?

以上、今回は日本とロサンゼルスの住宅売却についてお話ししました。

不動産取引を行う際、様々な情報を知っておくのは効果的なポイントなります。
今回の内容を参考にしてみるのも、良いのではないでしょうか。

今回取り上げた内容が、皆様の住宅売却の参考になることをお祈りしております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.