マンションは立地の先物買いがオススメ?開発予定の駅4選

「マンションは立地を買え!」

マンションを中心に活動を行っているRE/MAX宮田不動産エージェント。

そんな私が強く思うことがあります。

マンション購入で大切なこと。
それは「立地」です。

マンションを選んだ場合、一戸建てでは叶えられない様な「立地」のマンションを購入することが大切だと思います。

具体的には、一戸建てでは難しい「都心部」に位置しながら、「セキュリティ」が充実していたり、「眺望」に恵まれた住宅を実現できるのが「マンション」です。

マンションを購入するからには、この様な強みを生かさない手は無いと思います。

そんなマンションに関してですが、購入時にオススメの方法があることを、皆様はご存知ですか?

それは「立地の先物買い」を行うということです。

これから、具体的にその詳細についてお話しさせていただきたいと思います。

開発・発展・地域
※立地の先物買いってどういうこと?

これから発展する立地のマンションを購入すると効果的!

マンションを購入する上で、「効果的」と思えること。

それは、「発展を見込むことのできる地域」のマンションを購入するということです。

「これから発展する地域ってどこなの?」

恐らく、多くの方がその様に思われるのではないかと思います。

これから発展する地域を見分けるには、以下のポイントがあります。

・再開発が行われる。
・商業施設など、大規模開発が行われる。

この様に、「大きな開発」が行われるのが、発展する地域を見抜くポイントとなります。

開発したからと言って、全ての地域が発展するとは限りません。

ですが、その地域が今以上に住みやすくなる可能性は高いと言えるでしょう。

今後発展する地域を見極め、住宅を購入する。

これは、効果的な住宅購入の方法であると思います。

これから開発が進む地域とは?

現在、関西圏で大きな再開発が行われる予定の地域は下記の通りとなります。

①明石駅周辺

明石駅周辺

兵庫県明石駅の周辺では、商業施設、大規模マンション、公共機関と「再開発」が行われる予定です。
新快速停車駅である「明石駅」。
元々自然などに恵まれた環境ですが、今後利便性が増すことで、益々住みやすくなる地域であると言えそうです。

②新大阪駅周辺

新大阪駅周辺

新大阪駅の周辺では「三国東地区」の開発や、「新大阪駅の再開発」、「おおさか東線の開発」など、数多くの開発が予定されています。
新大阪駅の北西部、「宮原」「西宮原」地域では、近年「センイシティーの大規模開発」などによって、より住環境が向上すると思われる開発が行われました。
新大阪周辺は「ビジネス街」との印象をお持ちの方も多いと思いますが、今後も引き続き開発が進むことによって、今まで以上に住みやすい地域へと変貌する可能性がありそうです。

③JR塚口駅周辺

塚口駅周辺

JR塚口駅の東側では「ズットシティ」の開発が行われています。
大型マンション、一戸建て、商業施設の開発が予定されている今回の開発に関してですが、既に「ミリオンタウン」がオープン。
スーパーマーケット「万代」が入居しているミリオンタウンは、多くの人達で賑わいを見せています。
今後、「スターバックス」や「セブンイレブンハート・イン」など多くのテナントが予定されている「ビエラ塚口」もオープン予定である為、この周辺は益々住みやすいエリアへと変わってきそうです。

④(仮称)新箕面駅周辺

大阪北急行線では、箕面市まで延伸する計画が浮上しています。
これによって、大阪までのアクセスが容易になることが想像できます。
但し、現時点(※2016年)ではあくまで計画となっている為、計画通りに実施されるかどうかは不明です。
もし実現したならば、(仮称)新箕面駅周辺は今以上に電車での移動が便利になるものだと思われます。

以上、4つのエリアについてお話しさせていただきました。

開発後、その地域の人気が上がった場合、売買や賃料の価格が上昇するケースが多々あります。
将来的に住環境が向上すると思われる地域に住むことにより、開発による利便性を享受することができるのではないでしょうか。

今回取り上げた4つの駅の周辺は、開発によって特に住環境が向上されると思われる地域です。

これからマンション購入をご検討される方は、上にあげた4つの地域の周辺をチェックするのも、オススメの方法ですよ。

※今回お伝えした4つの地域の開発は、あくまで予定です。
※経済情勢や予期せぬ事態などにより、将来的に開発が行われない可能性もありますのでご了承ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.