東向きマンションの特徴を徹底解説!こんな人にオススメ!

「東向きのマンション」

皆様は、東向きのマンションについてどの様なイメージがありますか?

「何となくだけど、住みやすそうなイメージがある」
「時間によって、日当たりが変わりそう」

など、その様なイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

現在マンション購入を検討している方の中には、「東向きマンション」をお考えの方も多いのではないかと思います。

これから、「東向きマンション」の特徴、そして住み心地に関して解説していきたいと思います。

また、東向きのマンションに関してオススメの方法もお伝えしたいと思います。

東向きマンション

東向きマンションの特徴

①日当たり

東向きのマンションでは、午前中太陽の光が差し込み、午後は日が当たらないというイメージの方が多いのではないでしょうか?

東向きの部屋に関して、午後から日が当たらない形となりますが、一方で西側の部屋には日が入る形となります。
※板状マンションなど、西向きに窓付きの部屋がある場合に限るものとします。
※西向きの部屋の前に、日が遮られるものがある場合を除きます。

日が当たらないのは「デメリット」だと感じるかもしれませんが、東向きの部屋がリビングとなっている場合、午後は「順光」になるといったメリットがもたらされます。

「順光」とは、正面から光が当たる状態のことを指し、東向きの部屋の場合、午後は西側から同じように光が正面から当たる形となります。

これによって「景色」が綺麗に見えるなどのメリットがもたらされる事となり、目の前の眺望が抜けている時は、リビングからの眺望が楽しめるなどの恩恵がもたらされやすくなっています。

この点は東向きマンションの特徴だと言えそうです。

②住み心地

リビングが東側に設けられている場合、午前中に日が当たる形となります。

午前中に日が当たるということは、朝日がリビングに差し込むことになりますし、その点に関して魅力だと言えるのではないでしょうか。

一方、夏や冬に関しては、日当たりに関しての工夫(カーテンの開け閉めなど)が必要となるケースもある為、その点に関しては事前に認知しておきたいところですね。

東向きマンション まとめ

・東向きの部屋に関して、午前は日が当たるが、午後は日が当たりづらい
・東向きの部屋がリビングである場合、午後は順光となる
・眺望が抜けている場合、午後の景色が綺麗に見える傾向が。(順光の為)

・季節によってカーテンの開け閉めなど、工夫が必要

東向きマンションの場合、午前中の日当たりの良さや、午後、順光になる点がポイントであると思います。

この様な特徴は「眺望の良い部屋」であった場合、よりその恩恵がもたらされると考えられます。

個人的なオススメではありますが、「眺望」にこだわりを持つ方は、東向きマンションを検討することも良いのではないでしょうか。
※周辺環境などにより左右されることをご了承下さい。

方角の特徴を知った上で部屋を選ぶことは大切だと思いますので、今回の記事によって、皆様の住宅選びに貢献できることを期待しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.