西向きマンションのメリットを目一杯引き出す方法とは?

「西向きのマンション」

マンション購入をご検討の際、その方角に関して一度は考えるものだと思います。

その際に「西向き」のお部屋をご検討の方も多いのではないでしょうか?

皆様は西向きのマンションと聞くと、どの様な印象をお持ちになりますか?

「朝は陽が当たらないけど、昼からは陽が当たる。」
「冬の午後は日が当たるから暖かそうだけど、夏の午後は暑そう。」
「夕焼けが綺麗!」

など、人によってイメージは変わるかもしれません。

そんな西向きのマンションの住み心地とは、実際にどの様なものなのでしょうか?
そして、メリットを目一杯引き出す方法とはどの様なものなのでしょうか?

これから、その辺りのお話をさせていただきます。

西向きマンション
※「夕焼け」などの魅力がある西向きマンション。メリットを引き出すために必要なことは?

西向きマンションの特徴は?

西向きのマンションで目の前に日光を遮るような建物が無い場合、「西日」が部屋に差し込むということになります。
即ち、「直射日光が入ること」になります。
※季節、マンションの形状、周辺環境などの要素によって異なります。

直射日光が部屋に入ると、夏は室内の温度が上昇がしやすくなります。
ですがその一方で、冬場も同じように室内の温度が上昇しやすくなります。

この様なことから、西日に関してはメリットとデメリットが表裏一体と言えるかもしれません。

どちらにしても「カーテン」であったり、「エアコン」を使用することで、部屋内を生活しやすい環境へと調整することができます。
西日の当たる窓ガラスに「ガラスフィルム」を貼るのも有効かもしれません。※紫外線対策など
この通り、ひと工夫することが大切だと言えそうですね。

また、西向きで目の前の眺望が抜けている様なマンションの場合、「夕焼け」を望むことができるケースが多くなっています。
その様な恩恵を得ることができるのも、「西向きマンション」の特徴だと言えるのではないでしょうか。
※全ての西向きのマンションが、そうであるとは限りません。

西向きマンションは日が入りにくい?

西向きマンションの日当たりに関してですが、午後は日が入り、午前は日が入らないというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

ですが、「板状マンション」の場合、反対の「東向き」に寝室など部屋が設けられている為、そちらには午前中から日が当たるようになっています。
(※目の前に建物や階段など、日光を遮断するものがある場合を除く)
(※コの字型マンション、内廊下、階数など、建物の形状や条件によって異なります。)

このように、午前中から「寝室側」に太陽の光が入るということは、「プラス」であるという見方をすることができます。

確かに、午前中のリビングには日が入りづらい他、夏などは西日によって「カーテン」を閉める可能性がある為、部屋に日が入りづらい環境となるケースは考えられます。

ですが、部屋自体に日が入らないいう訳では無い為、工夫によって良い環境とすることができることができると考えられます。

これらの点に関しても、西向きマンションの特徴だと言えそうです。

西向きマンションのメリットを目一杯引き出すためには?

以上、西向きのマンションについて特徴をお話してきました。

ここまでお話してきた中でお気づきの方もいるかもしれませんが、「工夫」が西向きマンションのキーワードとなります。

「カーテンの開け閉め」
「エアコンの使用」
「リビングの窓ガラスへガラスフィルムを貼り付ける」

上記の通り、「西向きマンション特有の西日への対策を行う」

これが、西向きマンションの住み心地をより快適なものにする為に必要なものではないでしょうか。

眺望が抜けている西向きマンションの場合、「夕焼け」など眺望を楽しむことができますし、それは西向きマンションの魅力となります。

その様なメリットを享受するためにも、工夫をして快適に過ごすこと。
西向きマンションの魅力を目一杯引き出す為にも、その様な心がけをしておきたいところですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.