本当はどうなの?マンション購入の頭金、いくら用意すべき?

マンション購入時、頭を悩ますのが「頭金」

マンション購入の際、住宅ローンを組む方は、「頭金」をどれだけ用意するか悩むのではないでしょうか?

「頭金をたくさん用意して、住宅ローン返済額を減らすのが正解だよ!」
「いいや、頭金を減らして手元にお金を持つのが正解だよ!」

頭金に関して、色々な考え方があるのではないかと思います。

皆様は、上記2つの考え方に対して、どちらが正解だと思いますか?

住宅ローンの頭金は、1~2割程用意するのがベターと聞くこともありますが、本当のところはどうなのでしょうか?

これから、「RE/MAX宮田不動産エージェント」が、マンション購入時の頭金の考え方についてお話しさせていただきたいと思います。

マンション購入頭金
※マンション購入の頭金はいくら用意すべき?

マンションの頭金について知っておきたいこと

マンションの頭金は、大きく分けると2つの用途に分けられます。

①住宅ローンの頭金
②登記など諸費用の支払い

①の住宅ローンに関しては、多くの方が認知されていると思います。

例えば、4000万円の物件に対して、頭金の中から500万円を住宅ローンに充当したとすると、3500万円の住宅ローンを組む事になります。
その結果、月々の支払いが安くなることに。
月々の支払いが安くなるということは、そのお金を食費・趣味・子供の教育費などに充てることができます。

その様な点に関して、魅力的に感じる方も多いのではないでしょうか?

②登記などの支払いに関しては、登記費用などの申請費用がマンション購入の際には必要となってきます。

中古マンションの場合は、仲介手数料も必要になりますね。

この様な諸費用に関しては、マンションを購入する際にほぼ間違いなく必要となってきます。

頭金を多く用意することのデメリット

頭金を多く用意することは、一見メリットが多いものだと思います。

ですが一方で、デメリットも存在します。

それは、頭金を多く支払うことで「手元資金」が少なくなるということ。
これがデメリットとなります。

・新しい家族が増えた。
・転勤など、環境の変化がもたらされた。
・思いもよらぬ事態が起こり、多額のお金が必要になった。

この様なケースが起こりうる可能性もゼロではありません。

手元にお金が無ければ、住宅ローンの返済が不可となり、「差し押さえ」などに発展する可能性も考えられます。

やはり、その様な事態は回避したいものですよね?

その為にも、「可能であれば手元にお金を残しておくこと」

これはマンション購入の際、気をつけるべき重要な事項となります。

結局、マンション購入の頭金はどれくらい用意すればいいの?

ここまでの内容をまとめると、「実際どうすればいいの?」という声も聞こえてきそうです。

結論から申しあげると、「答えはありません。」

「何だ、結局わからないんだ?」
そんな声も聞こえてきそうですね。

これは私個人の考え方でありますが、「手元にお金を残した上で、頭金を用意する」ことがベターなのではないかと思います。

簡単に言いますと、「生活に余裕のある状態をキープした上で、マンションを購入する。」
これが大切なポイントなのではないでしょうか。

「住宅ローンの支払いを減らしたい!」
「どうしてもあのマンションが欲しい!」

その様な要望がある場合、無理して頭金を用意することもあるかと思います。
ですが、無理をして頭金を用意すると、予期せぬ事態に陥った時に「住宅ローンが返済できない」可能性も考えられます。

マンションは購入時が大切なのではなく、「購入後の生活」が大切です。

余裕を持った計画を立てた上でマンションライフを満喫し、「買ってよかった」と思える結果に繋げることが、ベストなのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.