タワーマンションの間取りについて、詳しく解説します

「タワーマンション」

「眺望」や「共用施設」が魅力とも言えるタワーマンションですが、実際の住居について皆様はどの様なイメージをお持ちでしょうか?

「リビングからの景色が綺麗」
「設備を含めて高級なイメージがある」

その様なイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そんなタワーマンションに関してですが、皆様は間取りにの特徴ついての特徴をご存知ですか?

詳しく知っている方は、意外と少ないのではないでしょうか?

「間取りに特徴なんてあるの?」
「詳しく聞いてみたい!」

そう感じる方も多いのではないかと思います。

そこで今回は、「タワーマンションの間取り」についてお話しさせていただきます。

①角部屋

恐らく多くの方は、「タワーマンション」と聞くと、この角部屋を思い浮かべるのではないでしょうか?

角部屋の間取りは、多くの場合下記の様な形となります。

角部屋 間取り (480x360)

【角部屋の特徴】

・リビングが2面窓となっているケースが多い
・居室に窓が面していることが多い

この為、「高層階からの眺望」や「風通し」に加え、「居室の独立性」を期待することができます。

但し、角部屋は他の間取りに比べて「高めの値段」を付けられていることが多い為、この辺りの兼ね合いはポイントと言うことができそうですね。

②中部屋

タワーマンションの中部屋で多く見られる間取りは、下記の通りとなります。

中部屋 間取り (480x360)

【中部屋の特徴】

・リビングが長方形になるケースが多い(※標準間取り)
・リビング横に居室が配置されているケースが多い

この様な特徴を持つ中部屋ですが、角部屋に比べると価格が抑えられているケースが多く、コストを抑えやすいと言えるのではないでしょうか。

コストを抑えたい方、コストを抑えた上で高層階に住みたいというニーズをお持ちの方は、中部屋を狙うのも有効な手段と言えるのではないかと思います。

③1LDK

タワーマンションの1LDKについて、多く見られる間取りは下記の通りとなります。

1LDK間取り (480x360)

1LDKの間取りでは、リビングダイニング横に居室が配置されているケースが多くなります。

単身の方や投資家の方まで、多くの方のニーズを満たす間取りだと言えるのではないでしょうか。

タワーマンションの間取り まとめ

タワーマンションと言うと、「眺望」や「共用部」に目を取られがちですが、実は「間取り」に関しても多くの方のニーズを満たすものとなっています。

「ファミリー」
「DINKS」
「単身」
「セカンドハウス」
「投資」

この通り、タワーマンションは様々な要望に応えることのできる間取りが揃っています。

住まいとして対応の幅が広くなることで、タワーマンションはより住居としての魅力を増していくのかもしれません。

以上、今回はタワーマンションの代表的な間取りについてお話しさせていただきました。

今回の記事が、タワーマンションをお探しの方のお役に立てることを、心よりお祈りしています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.