中国が人民元引き下げへ 日本市場への影響は?

中国がここ数日間連続で人民元の基準値を引き下げました。
13日時点で11日から3日連続引き下げた形となります。

今回の結果を受けてアジア方面では株価の下落が起きており、今後日本にも影響を及ぼす可能性があると言えそうです。

アジア方面の株価以外おいても「アップル」の株価が約5%下落するなど、今回の中国人民元基準値引き下げは多方面に影響が及んでいます。
現在、世界市場において中国のマーケットは大きいものとなっており、今後この様な状況が続くようなら世界市場に影響を及ぼすことが想定されます。

当然、日本経済においても中国のマーケットの影響というのは大きい為、今回の問題が深刻化するようであれば株式市場などに影響を及ぼす可能性が高そうです。

このところ中国の株価の動きの影響を受けて日本の株式市場でも株価が乱高下する傾向が見られており、このまま中国のマーケットが不透明であれば今後もこの様な状況が続くと考えられます。

日本では「東京オリンピック」や「アベノミクス」によって今後景況感が良くなるような状況ではあるのですが、それと反するように海外のマーケットが不安定な状況です。

アメリカでは今後利上げを行うことが想定されていますし、欧州諸国ではギリシャ問題が起きています。
それに加え、今回中国人民元基準値引き下げの流れとなっているので、今後は日本のマーケットだけではなく海外の動きに対して今まで以上に気を配る必要がありそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.