ジオタワー天六(天神橋筋六丁目駅直結タワーマンション)

「天神橋筋六丁目」

通称「天六」と呼ばれるその地域は、日本一長い商店街として有名な「天神橋筋商店街」や、大阪・京都方面へのアクセスに優れる「天神橋筋六丁目駅」など、大阪の中でも多くの人が集まる地域として発展を見せてきました。

そんな天神橋筋六丁目に、ランドマークとも言える高層タワーマンションがあることを、皆様はご存知でしょうか?

そのタワーマンションの名前は「ジオタワー天六」

阪急不動産のブランド名「ジオ」を呈したそのタワーマンションは、天六においても一際存在感を放つ存在となっています。

これから、そんな天神橋筋六丁目のランドマーク「ジオタワー天六」について、その特徴や魅力をお話しさせていただきます。

ジオタワー天六 (480x360)
※写真の通り、存在感が際立つタワーマンションとなります。

ジオタワー天六は、事業主が「阪急不動産」、建設を「大林組」が担当した「地上44階」の高層タワーマンションです。
「2013年」に竣工しました。
現地住所は、「大阪府大阪市北区天神橋7丁目1-16」となります。

ジオタワー天六の特徴①「周辺環境(利便性)」

ジオタワー天六は、周辺に便利とも言える商業施設が揃っており、「利便性に優れた環境」だと言えそうです。

「りそな銀行」と「阪急オアシス」

りそな銀行・阪急オアシス (480x360)

「りそな銀行」と「阪急オアシス」は、どちらもジオタワー天六「直結」と言える場所に位置しています。

りそな銀行・阪急オアシス② (480x360)

「マツモトキヨシ天六駅前店」

マツモトキヨシ天六 (480x360)

「TSUTAYA天六店」

ツタヤ天六 (480x360)

「日本一長い商店街」である「天神橋筋商店街」
数多くの飲食店やテナントが建ち並んでおり、普段の買い物に便利な商店街だと言えるのではないでしょうか。

天神橋筋商店街 (480x360)

この通り、ジオタワー天六の周辺には数多くの商業施設がある為、「利便性」に恵まれた環境だと言うことができそうです。

商店街は「アーケード」となっており、りそな銀行と阪急オアシスはジオタワー天六「直結」と言える場所に位置しています。
この為、悪天候の場合でも嬉しい環境だと言えるのではないでしょうか。

ジオタワー天六の特徴②「電車移動における利便性」

ジオタワー天六と天神橋筋六丁目駅は「直結」となっています。

天神橋筋六丁目 (480x360)
※写真は「天神橋筋六丁目駅」

この為、「天神橋筋六丁目駅」への移動が便利だと言うことができるでしょう。

また、天神橋筋六丁目駅は「阪急淡路駅」へのアクセスが容易となっています。
阪急淡路駅は「特急停車駅」であり、天神橋筋六丁目駅から阪急淡路駅を経由して、神戸三宮まで「約40分~45分」、京都の河原町駅まで「約45分」で移動することが可能です。

また天神橋筋六丁目駅は「大阪市営地下鉄谷町線」も通っている為、「梅田駅」や大阪府庁に近い「谷町四丁目」などへのアクセスも容易となっています。
天神橋筋六丁目駅から東梅田駅まで「約4分」、谷町四丁目駅まで「約10分」で移動することが可能です。

これらの事から、ジオタワー天六は「電車移動時の利便性」に優れていると言えるのではないでしょうか。

ジオタワー天六の特徴③「眺望」

ジオタワー天六は高層タワーマンションとなる為、高層階からは「眺望」が期待できます。
北側の「淀川方面」を始めとして、ジオタワー天六では色々な景色を望むことができます。
これもジオタワー天六の魅力と言えるのではないでしょうか。

ジオタワー天六③ (480x360)
※高層階からは眺望を期待することができます。
※但し、住戸の向きにより眺望が異なります。
※また、周辺の変化によって眺望は変化する場合があります。

以上、ジオタワー天六についての特徴や魅力をご紹介しました。

・周辺の利便性
・電車移動における利便性
・駅直結の立地
・高層階からの眺望

以上の様に、ジオタワー天六は数多くの魅力を兼ね備えています。

大阪市内で高層タワーマンションをお探しの方は、多くの魅力に溢れた「ジオタワー天六」を検討するのもオススメなのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.