住友不動産の評判・特徴を徹底解析!

「シティタワー」や「シティハウス」などのシリーズで有名な住友不動産。

皆様は、その評判や特徴をご存知でしょうか?

マンション購入を検討した方多くの方は、恐らく住友不動産という名前を聞いたことがあるのではないかと思います。

住友不動産は、多くのマンションを供給しているだけではなく、街並みにも貢献できる様なプロジェクトを行っています。

これから、そんな住友不動産についての評判や特徴を解析していきたいと思います。

①住友不動産の評判は?

住友不動産は、2014年度マンション販売戸数が6308戸(※)でナンバーワンとなりました。
これは、2位の三菱地所レジデンスの5300戸(※)を約1000戸も上回る数字となっています。
(※不動産経済研究所調べ)

シティタワー大阪 (480x360)
※写真は「シティタワー大阪」
※住友不動産は、2014年度マンション販売戸数ナンバーワンに!

この数字は、多くの顧客から選ばれた結果となっており、住友不動産の評判の裏付けと言えるのではないでしょうか。

②住友不動産のマンションの特徴は?

住友不動産のマンションは、独自性や特徴的と言える仕様のものが多いのではないかと思います。

特に、その特性が出ているのが住友不動産の供給する「シティタワー」シリーズ。
実はシティタワーシリーズには、多くの場合「ダイレクトウインドウ」と言われている方式が採用されています。

シティタワー西梅田 (480x360)
※ダイレクトウインドウを採用した「シティタワー西梅田」
※ガラスの多い外観が特徴

ダイレクトウインドウとは、足元から天井付近にかけたガラス張りであることを指します。

具体的な特徴・魅力としては、

・景色を見やすい
・リビングでソファなどに座りながら、景色を楽しむことができる

などがあげられます。

シティタワーシリーズで「ダイレクトウインドウ」を採用している物件は、より「タワーマンション」の魅力を引き出しやすい構造と言えるのかもしれません。

③旧財閥系である「住友」

住友不動産は、旧財閥系である「住友」の系譜となっています。
これによって、知名度やステイタス感などを感じる方もいるのではないでしょうか。

シティタワー大阪天満 (480x360)
※写真は「シティタワー大阪天満」
※「シティタワー大阪天満」もダイレクトウインドウが採用となっています

以上、住友不動産を3つの特徴についてお話しました。

評判・特徴をまとめますと、

・多くの販売戸数
・2014年度販売戸数ナンバーワン

・マンションの仕様
・旧財閥系

以上の様な魅力的な要素を兼ね備えているのが、住友不動産のマンションと言えるのではないでしょうか。

また、住友不動産の大きな特徴と言えるのが、街並みに貢献できる様なマンションを建設しているという件です。

具体的には、シティタワーなど高層タワーマンションによる「スカイライン」への貢献、そして大型開発による街並み形成などがあげられます。

シティテラス神崎側駅前 (480x360)
※写真は「シティテラス神崎川駅前」
※神崎川駅前開発であり、スーパーマーケットなども同時に開発されている

この通り、印象的な特徴を持つ「住友不動産」

「ステイタス」や「ランドマーク性」を求められる方は、住友不動産のマンションを検討することもオススメなのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.