部屋のほこり、悩みをスッキリ解決する究極の3対策

「部屋のほこり」

家で生活するからには、どうしても出てしまうのが部屋のほこりですね。

部屋にほこりが溜まってしまうと、「部屋が汚れて見えてしまう」「衛生面で不安」「来客時に困る」など多くの悩ましい問題が生じてしまいます。

反対に部屋のほこりが少ない部屋にすれば、「部屋が清潔に見える」「衛生面での不安が少ない」「来客時も安心」など数々のプラス面が出てきますね。

どうせならば、「部屋のほこりを少なくしたい!」
それが多くの方の本音なのではないでしょうか。

そんな悩ましい部屋のほこり。
実は、ちょっとした工夫でほこりを少なくなることを皆さんご存知ですか?

これから、皆様の生活を快適にすべく「部屋のほこり解決策」についてご紹介させていただきます。

部屋ほこり対策 (480x360)
※部屋のほこり解決策とは?

「何故、部屋のほこりは発生するの?」

部屋のほこりの大きな原因は、衣類などから出る繊維によるものです。
繊維を含むものが部屋に多いと、必然的にほこりも多く溜まってくることになります。

「ほこり解決究極の3対策」

それでは、部屋のほこりを解決する為にはどうすればいいのでしょうか?
これから、その解決策についてご説明していきます。

①繊維を含むアイテムを少なくする

カーテンやソファ(綿の多いもの)など、繊維を多く含むものが部屋に多くある場合、必然的にほこりも発生しやすくなります。
部屋のほこりを少なくしたい場合は繊維を含むアイテムを少なくするのがオススメです。
例えば、カーテンやソファを繊維の少ない素材(合皮など)にする方法です。
繊維の多いものに比べれば、ほこりの発生を抑えることができるでしょう。

②衣類は早めにしまう

着替えの際、必要のない衣類は早めにしまう様にしましょう。
衣類を部屋に置いておくと、繊維によってほこりが発生する原因となります。
ほこりを抑える為にも、衣類を脱いだまま部屋にほったらかしにするのは避けましょう。

③小さなほこりは早めに取り除く

ほこりは部屋の隅で溜まる傾向があります。
放っておくと部屋の隅で大きなほこりとなって溜まるだけではなく、場合によっては壁やフローリングにこべりついてしまうこともあります。
それを避ける為にも、ほこりを発見したら早めに取り除くこと。
それによって、部屋を綺麗にキープすることが期待できます。

「面倒くさい」と感じる方もいるかもしれませんが、放っておくと部屋が汚く見えるだけではなく、こべりついたフローリングの掃除も大変な手間となります。
小さな時のほこりの掃除は簡単と言えると思いますので、ほこりの小さな内に取り除く様にしたいものですね。

「フローリングカラーとの関連性」

一般的に「ナチュラル」などのフローリングカラーはほこりが目立ちにくく、「ダークブラウン」などのカラーの場合はほこりが目立ちやすいと言われます。

ですが、今回オススメした3カ条を実践すれば「ダークブラウン」のフローリングにおいても、ほこりを抑えて綺麗にキープすることが可能なのではと思います。

ダークブラウン フローリング (480x360)
※ダークブラウンのフローリングも安心!

フローリングは部屋のテイストにおいて大切なもの。
好きなフローリングカラーを選べば生活における満足度も上がるのではないでしょうか。

以上、「部屋のほこりをスッキリと解決する究極の3対策」についてお話ししました。

大切なのは「ほこりの発生を抑える工夫」と「小さな取り組み」です。

住環境というのは、生活において大切なもの。
充実した生活が送れるように、シッカリと対策をしておきたいものですね。

今回の内容が、皆様の生活に貢献できることを期待しております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.