アッド・パー・プレイス【大規模中古マンション】

「新大阪」が大きく生まれ変わろうとしていることを皆様ご存知ですか?

JR新大阪駅では数々の工事が行われており、ここ数年で「エキマルシェ」など駅ナカ施設が多数整備されています。
御堂筋線の新大阪駅でも工事が進められており、2016年には多くの店舗がオープンする予定です。

その他、2015年11月2日には「コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーション」が新大阪北口にオープン。
2018年には「おおさか東線」が開通する予定となっており、新大阪から八尾市の「久宝寺」まで移動が可能となる予定です。

この通り、ここ数年で新大阪駅周辺は大きな変化を見せる予定です。

そんな「新大阪」に関してですが、多くの方は「ビジネス街」を想像するのではないでしょうか?

ですが、実は新大阪駅から徒歩10分程歩くと、多くの住宅街が広がっています。

今日はそんな新大阪から「特選中古マンション」と致しまして、「アッド・パー・プレイス」についてご紹介させていただきます。

「アッド・パー・プレイス」

アッドパープレイス (480x360)

「アッド・パー・プレイス」は、事業主が「東レ建設」「ユニチカエステート」「名鉄不動産」他、施工を「長谷工コーポレーション」が担当した、地上15階建て、総戸数494戸の分譲マンションです。
現地住所は、「大阪府大阪市淀川区西宮原2」、最寄駅は「御堂筋線新大阪駅」となります。

それでは、「アッド・パー・プレイス」の特徴・魅力について見ていきましょう。

①交通利便性

「アッド・パー・プレイス」は、「新大阪駅」を徒歩圏にて使用できる立地に建設されています。

新大阪 (480x360)

「新大阪駅」と言えば、「JR」と「御堂筋線」の2つがありますが、どちらも各地への移動が行いやすいのが特徴となっています。

「JR」では、「新快速」そして「新幹線」を使用することが可能です。
「新快速」を使用した場合、新大阪駅から三ノ宮駅まで「約27分」、新大阪駅から京都駅までは「約24分」で移動することが可能です。
※悪天候や事故などが起きた場合は除く。

また、「御堂筋線」を使用した場合、なんば駅まで「約15分」、天王寺駅まで「約22分」で移動することが可能となっています。

それらに加え、「アッド・パー・プレイス」から「阪急三国駅」へも「徒歩約15分」で移動することが可能です。

これらのことから「電車」での移動は大変便利だと言うことができるのではないでしょうか。

②商業施設が揃った周辺環境

「アッド・パー・プレイス」は徒歩3分以内に多くの商業施設が並んでいます。

「セントラルスクエア西宮原」

セントラルスクエア西宮原 (480x360)

「コーナン・ジョーシン・スポーツデポ」

コーナン・ジョーシン・デポ (480x360)

スーパーマーケット・ホームセンター・家電量販店・スポーツ店と揃っているため、普段の買い物も便利に行うことができそうですね。

③「大規模開発」によるスケールメリット

「アッド・パー・プレイス」では「自走式駐車場」や「共用施設」の充実など、大規模ならではのスケールメリットを感じることができます。
この辺りも「アッド・パー・プレイス」の強みだと言えるのではないでしょうか。

アッドパープレイス② (480x360)

以上、「アッド・パー・プレイス」の3つの特徴・強みについてご紹介させていただきました。

「アッド・パー・プレイス」の特徴や強みをまとめると、「利便性」がキーワードになるのではないかと思います。

今後「利便性」を元にマンション購入、賃貸マンションへの入居を検討されている方は、「アッド・パー・プレイス」を候補に入れることもオススメではないかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.