都心マンションの特徴を郊外と比較!向いているのはどっち?

「都心」か「郊外」か。

マンションを始め、住宅購入の際に多くの方が一度は頭を悩ますものですね。

「これからは都心回帰って聞いたし、都心が良い!」

という方もいれば、

「やっぱり郊外で生活する方がいいんじゃない?」

という方もいるのではないでしょうか?

住宅購入を成功させるためにも、事前にどちらを選べばいいのか、知っておきたいですよね。

そこで、「都心」と「郊外」。
それぞれの特徴を比較した上で、どちらを選べばニーズを満たすことができるのか検証していきたいと思います。

「都心」と「郊外」どちらにするかお悩みの方は、是非参考にしていただければと思います。

「都心」の場合

都心 (480x360)

1.時間を有効に活用したい方

都心に住宅を購入する大きなメリットは、やはり時間を有効に活用できるといった点でしょう。
例えば、「通勤時間」
都心部に職場がある場合は、通勤時間を短縮できる傾向があるため、都心部での住宅購入の方が有効に時間を使用できると考えられます。
例えば、郊外に比べて片道30分通勤時間が短縮できるだけでも、1週間で計5時間、1ヶ月で計20時間、1年だと計240時間短縮できる計算となります。(週休2日にて計算)
何と10日間もの時間を短縮できる計算になりますね。
このことから、都心部の方が時間を有効に活用することができると言えそうです。

2.転勤の可能性がある方

職場にて転勤の可能性がある方は、「都心」での住宅購入はメリットが多いのではないでしょうか。
理由としては「賃貸」に出せる可能性が高いと思われること。
転勤の多い職場である場合は、「都心」に住宅購入をするメリットが多いと言えそうです。

3.転売・将来的に引越しを検討している方

将来的に転売や引越しを考えている方は、「都心」のメリットを享受できるのではないかと思います。
一般的に都心部の方が「転売」しやすい傾向があると思われます。(価格など)
将来的な転売・引越しの可能性がある方は、「都心」での住宅購入を検討するのも良いのではないでしょうか。

4.購入した住宅で永住したい

一方で「都心」は、購入した住宅で永住したいという方へもオススメです。
理由は、電車などの交通手段が発展しており、商業施設や病院への移動がしやすい傾向があるからです。
老後の生活もイメージしやすいのが、「都心」住宅の利点となります。

以上、「都心」での住宅購入について検証してみました。
一方「郊外」の場合はどうなのでしょうか?
続いて検証していきます。

「郊外」の場合。

郊外 (480x360)

1.転勤の可能性が低い方

「郊外」の場合、将来的に転勤の可能性が低い方にオススメです。
加えて勤務先が近郊である場合、時間を有効活用できます。
これらが揃っている環境ですと、将来に渡って長く住み続ける可能性が高まると思われます。

2.趣味が多い方

ここで言う「趣味」というのは、郊外であるからこそ叶えられる趣味といった意味合いです。
例えば「家庭菜園」など、郊外だからこそ叶えられやすい趣味がありますね。
その様な趣味の多い方は、都心よりも郊外の方が充実した生活を送りやすいと言えるのではないでしょうか。

3.部屋の広さにこだわりたい方

「郊外」は「都心」に比べ、土地の値段が抑えられています。
その結果、住宅が広い傾向にあります。
「マンション」はもちろん、大きな「一戸建て」も郊外の方が建設しやすいですよね?
部屋の広さにこだわりたい方にとって、「郊外」住宅はニーズを満たすということができそうです。

4.自然豊かな環境を望まれる方

高層建築物などが建ち並ぶ「都心」よりも、「郊外」の方が自然豊かな環境であることが多いのではないでしょうか。
その様な環境を重視される方にとって、「郊外」での住宅購入はニーズを満たすと言うことができそうです。
子育てを自然のある環境で行いたいという方にもオススメです。

以上、「都心」と「郊外」の住宅購入の比較を行ってみました。

それぞれに特徴があり、メリットも変わりますね、
皆さんにとってピッタリなのは、どちらでしたか?
それぞれの強みを知った上で、住宅購入の検討に生かしていただければ幸いです。

今回の内容が、皆様の住宅購入のお役に立てることを期待しております。

大阪・神戸・阪神間のマンションのことなら「RE/MAX宮田不動産エージェント」
不動産エージェントとして活動後、感謝の声も頂いています。
人生において大切なイベントとなる住宅探し。
「毎日の生活に、感動を」をスローガンに、RE/MAX宮田は皆様の住宅探しに貢献します!
お問合せ先:06-6150-0111

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.