プラウドタワー大津「琵琶湖一望!滋賀県大津市マンション」

滋賀県と言うと、皆さんは何を思い浮かべますか?

恐らく、多くの方は「琵琶湖」だと思い浮かべるのではないでしょうか?

琵琶湖は670.4キロを誇る日本で一番大きい湖です。

琵琶湖はただ広さを誇るだけではなく、「近畿地方のみずがめ」としての役割に加え、遊覧船、夏には湖水浴場など観光やレジャーでも大きな貢献をしています。

琵琶湖や周辺の山々の景色も魅力的であり、四季折々の変化を楽しむことができるのも、琵琶湖周辺の地域の特徴です。

実は、そんな琵琶湖を見渡すことができ、アクセスの良さから各地への移動も便利な高層タワーマンションがあることを、皆さんご存知ですか?

その高層タワーマンションの名前は「プラウドタワー大津」です。

これから、色んな魅力の詰まった「プラウドタワー大津」のご紹介をさせていただきます。

①概要

プラウドタワー大津の事業主は「野村不動産」、施工を「大成建設」が担当。
平成27年11月に竣工した地上29階建て、総戸数181戸の高層タワーマンションです。
現地住所は「滋賀県大津市春日町2-1」となります。

外観です。

プラウドタワー大津 (2) (480x360)

青と白を基調としたデザインが、琵琶湖とマッチしています。

プラウドタワー大津 (480x360)

この周辺で高さが頭一つ抜け出しています。

この辺りの地形の特徴として、琵琶湖~プラウドタワー大津周辺は上り坂となっています。
そのため、中層階辺りから周辺の建物よりも景色が抜けてくると考えられます。
これは魅力的なポイントですね。
琵琶湖は「プラウドタワー大津」より北側に位置しているため、北側を望むことのできる部屋であれば、より琵琶湖の景色を楽しむことができそうです。
南も山々の四季の変化を楽しむことができるため、眺望面で魅力の多いマンションだと言えるのではないでしょうか。

②アクセス・周辺環境

「プラウドタワー大津」は、JR新快速停車駅である「大津駅徒歩2分」の立地に建設されています。

大津駅 (480x270)

新快速で「京都駅約10分」、「大阪駅約39分」の所要時間となっていますので、滋賀県内への移動はもちろん、近畿県の主要都市へのアクセスも容易なのではないでしょうか。

大津駅前の「アルプラザ」

アルプラザ(313x480)

近くには商店街もあるため、買い物も便利だと言うことができそうです。

③景色について

近くから、「琵琶湖を見渡した景色」の参考写真を貼らせていただきます。

プラウドタワー大津景色 (480x360)

プラウドタワー大津景色② (480x360)

この高さでプラウドタワー大津の15階相当でしょうか?
このような景色を日常的に見渡すことができるのは、魅力的ですね。

④まとめ

以上のことから、「プラウドタワー大津」には以下のような魅力があると言うことができそうです。

1.利便性
2.電車でのアクセス
3.眺望(景色)

日常生活を充実させる利便性に加え、眺望などに恵まれたタワーマンションが「プラウドタワー大津」の特徴と言うことができそうです。

プラウドタワー大津のことなら「タワーマスター宮田」にお任せ下さい!
不動産エージェントとして、皆様のお部屋探しをサポート致します!

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.