2015年9月のマンション市場 大阪・兵庫・京都が伸びる

大阪市・兵庫・京都で大型プロジェクトが動き出しています。

2015年9月度の近畿圏マンション供給戸数は、下記の通りとなりました。

ズットシティ現地 (480x360)
※「ズットシティ」現地の様子

【近畿圏】

1798戸(前年比-1.7%)

【大阪市】

627戸

【大阪府下】

231戸

【神戸市】

88戸

【兵庫県下】

405戸

【京都市】

130戸

【京都府下】

301戸

【奈良県】

16戸

【平均価格】

3708万円(前年比-4.4%)
※平米単価は55.7万円(前年比+4.7%)

※不動産経済研究所のデータを参照

兵庫県下の供給戸数が伸びた要因としては、大型案件(プラウドタワー明石 総戸数199戸 など)が影響していると考えられます。

今後の主な大型プロジェクトは、下記の通りです。

【大阪】

ザ・パークハウス 中之島タワー 【大阪市 総戸数 894戸】
ブランズシティ天神橋筋六丁目 【大阪市 総戸数 420戸】

【兵庫県】

プラウドシティ塚口マークフォレスト 【尼崎市 総戸数 587戸】

【京都府】

京都桂川つむぎの街 ブライトスクエア 【向日市 総戸数 404戸】

今後の見通しに関してですが、大阪・兵庫・京都では今後も大型が控えているため、引き続き供給が続いていく状況となりそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.