これで転勤も安心?リロケーションサービスの特徴を解説!

もしもマンション購入後・・・。
突然の転勤などで引越しの必要が迫られた時、大変困るものですよね?

そんな時、皆さんはどうしますか?

賃貸に出しますか?
それとも、思い切って売却しますか?

どちらにせよ、大半の場合はノウハウも少なくとても不安なのではないでしょうか?

そんな方々に朗報です。

実は、その様な悩みを解決すべく、「リロケーションサービス」というものが存在します。

「どんなサービスなの?」

万が一の事態に備えて、多くの方が気になるところだと思います。

今日はマンション購入者にとって嬉しい特徴を持つ、「リロケーションサービス」についてお話しさせていただきます。

リロケーションサービス (480x360)
※マンション購入後に突然の転勤。あなたならどうする?

「リロケーション」とは、不在時に住宅を借り上げる(期間有り)業務を指します。
「リロケーションサービス」は、その様な不在の住宅を借り上げ、サポートを行うサービスとなります。

これだけではどの様なサービスなのか、ピンと来ない方が多いかもしれません。

そこで、リロケーションサービスを行っている企業の例をご紹介させていただきます。

野村不動産では2013年から、このリロケーションサービスをスタートさせています。

野村不動産のリロケーションサービス(※一例)では、転勤などでオーナーがマンションを一時的に離れる場合、野村不動産がマンションを借り上げ、入居者を探します。
そしてマンションのオーナーに対して賃料が支払われます。

(例)

オーナー

↓↑(賃貸・管理の委託) 他

野村不動産

↓↑(転賃) 他

借主

具体的には上記の様な流れとなります。
オーナーは借主に賃貸するのではなく、野村不動産に対して賃貸するという形になるのが特徴です。
※他のプランもあり、用途によって使い分けることができます。

この様な「リロケーションサービス」についてですが、この時点で「オーナーにとって嬉しいサービス」と感じる方も多いのではないでしょうか?

具体的な「リロケーションサービス」のメリットに関してですが、下記の通りとなります。

①不在時のマンション管理が安心

マンション不在時など賃貸を出す必要があった場合、オーナーはとても不安に思うものです。
ですが、賃貸・管理などのノウハウがある企業に対して「賃貸」することにより、オーナーの負担は軽減されます。
「安心」できるというのも強みだと言えそうですね。

②マンション購入時の不安が軽減できる

マンション購入の検討時、将来的に転勤などで部屋を空ける可能性がある場合、どうしてもその部分がネックとなってしまいますよね?
「リロケーションサービス」によって、そんな不安の軽減にも繋がりますし、購入したマンションを効率的に運営することにも繋がるのではと思います。

この通り、「リロケーションサービス」はオーナーにとってメリットの多いシステムです。

購入したマンションに長く住みたい方は多いと思いますし、転勤時などの不安解消にも繋がるのは魅力的ですね。
また期間を定めている場合、退去もスムーズな場合がほとんどですので、帰省時に元のマンションに速やかに戻ることができるのも強みだと言えるでしょう。

今回は野村不動産を例にお話しを進めましたが、日本にはまだまだリロケーションサービスを行っている会社も存在します。

マンションオーナーにとって魅力的と言えそうな「リロケーションサービス。」
今後、今まで以上に普及していく起爆剤となる可能性もあるのではないでしょうか。

転勤時などで賃貸をお考えの際、「リロケーションサービス」は有効な方法の1つであると言えそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.