プラウド(野村不動産・マンション)の特徴・評判を分析!

皆さん、マンションブランドというと真っ先に何を思い浮かべますか?

人によって思い浮かべるブランドは様々だと思いますが、「プラウド」と言うとマンションの購入を検討した多くの方が一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
「プラウド」はマンション供給戸数(※不動産経済研究所のデータより)でも安定して上位に入っており、今や名実共にマンションを代表するブランドの1つとなっています。

これから、そんな「プラウド」についての特徴・評判を分析していきたいと思います。

①立地の良さ

「プラウド」のマンションを見ると、1つ気付くことがあります。
それは、立地が優れていることが多いということです。
例えば、下記のマンション。

「プラウドタワー安堂寺」

プラウドタワー安堂寺 (640x480)

プラウドタワー安堂寺は、大阪市中央区の「谷町六丁目駅徒歩1分」の立地に建設されている高層タワーマンションです。
一般的にマンションは駅距離が資産性に大きく関わってくると言われているため、徒歩1分という立地はとても良い立地だと言うことができます。

「プラウド」では今回のケースの様な駅近タワーマンションの他、商業施設など一体開発が多いことも特徴で「魅力的」と言える立地に建設されることが多くなっています。

②マンション外観・共用部の充実

「プラウド」は外観・共用部も充実しているケースが多くなっています。
下記のマンションをご覧下さい。

「プラウド夙川名次町」

プラウド夙川名次町 (640x480)

ガラスが基調の建物となっており、目を引く外観となっていますね。

「プラウド夙川名次町」の前の池は「ニテコ池」と言って、春には桜が綺麗に咲き誇る場所となっており、「火垂るの墓」の舞台となったとも言われる由緒ある池です。
この様な点からも「プラウド」の仕入力・企画力の強さが見て取れます。

③アフターサービスの充実

続いてアフターサービスの充実も「プラウド」の大きな強みと言えるでしょう。

「プラウド」では入居後のサービスが充実しており、補修など住宅に関わるものを始め、野村カスタマークラブによる「オーナーサービス」などのサービスがあります。
それに加えて「プラウド」は入居後の管理・修繕に対しても強みを持っており、資産維持力にも優れているということができそうです。

スタイルアクト(旧:アトラクターズ・ラボ)による「管理満足度調査結果」においても、野村リビングサポートが5年連続1位となった実績があります。

この様な点からも「プラウド」は、安心して購入を検討し、入居後も満足いく生活を送ることができそうなブランドだと言えそうです。

④ブランド力

上に挙げた通り、野村不動産は、「立地」「外観」「サービス」に強みを持っています。
その結果顧客から選ばれる結果となり、住まいサーフィンによる2014年度の住み心地満足度調査では、野村不動産が堂々の1位となりました。
この実績からも「野村不動産ブランド」が着実に顧客へと浸透してきたと言えるのではないでしょうか。

まとめます。

①立地が良い
②目を引く外観・エントランス
③入居後のサービスに強み
④確立されたブランド力

日本を代表するマンションブランドの一つとして、「住民の立場から見たサービス」が「プラウド」の魅力だと言えそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.