あなたはどっち?大規模・小規模マンションを徹底比較

「大規模マンション」と「小規模マンション」

マンションの購入を検討する際、多くの方がどちらにするか迷うのではないでしょうか?

それぞれに特徴があり、メリットも存在します。

これから「大規模マンション」と「小規模マンション」の特徴を述べた上で、オススメの生活プランについてご説明させていただきます。

大規模マンションの特徴

尼崎D.C.グランスクエア (480x360)
※尼崎D.C.グランスクエア

まず、大規模マンションの特徴からご説明させていただきます。

大規模マンションには様々な定義がありますが、目安としては100戸以上の住居用集合住宅となります。

大規模マンションの特徴・メリットは下記の通りです。

①販売価格が小規模マンションと比べると休めに設定されていることが多い
②多くの場合、修繕費・維持費が安めに設定されている
③スケールメリットにより、共用部分が充実している

以上が大規模マンションの強みと言える部分でありますが、それは「スケールメリット」による恩恵が成せるところです。

マンション建設費用や、維持費・修繕費をを大人数で分けることになるからです。

その結果、「マンション価格・修繕費・維持費」が抑制され、「エントランス」「ラウンジ」「ゲストルーム」など「共用部分の充実」といったメリットがもたらされます。

これは、大規模マンションの魅力の一つですね。

また、大規模マンションでは多くの方が入居するため、近所付き合いなどの人間関係は低層マンションより多くなる傾向にあります。

以上のことから大規模マンションでは、

①購入価格を抑えたい
②修繕費・維持費を抑えたい
③共用施設を活用したい
④人との繋がりも魅力に感じる

この様な特徴があると言えるでしょう。

上記ニーズをお持ちの方は、「大規模マンション」を選ぶことも有効な手段なのではないでしょうか。

小規模マンションの特徴

続いて「小規模マンション」の特徴について書かせていただきます。

グランドメゾン靭公園 (480x360)
※グランドメゾン靭公園

小規模マンションとは一般的に100戸未満のものを指します。

そんな小規模マンションの特徴・メリットは下記の通りです。

①戸数が少ないことから、プライベートな空間が保たれやすい
②角部屋率が大規模マンションに比べて高い
③閑静な環境に建設されることが多い

小規模マンションは大規模マンションに比べて「プライベートな空間」を保ちやすい特徴があります。
それは戸数が少なく、角部屋率が高くなる小規模マンションだからこそ成せる強みです。
住民の数が少ないため、人間関係も大規模マンションに比べると少なくなる傾向にあります。

また、小規模マンションでは「第一種住居地域」などの住宅地に建設されることも多いので、閑静な環境になりやすいと言って良いでしょう。

大規模マンションが「用途地域:商業地域」などの立地に建設されることが多いことに比べると、用途地域に関しても大きな違いと言えるかもしれません。

以上の特徴から、

①プライベートな空間を大切にしたい
②人間関係に気を使いたくない
③閑静な環境に住みたい

この様なご要望をお持ちの方にとって、「小規模マンション」はニーズを満たすと言えそうです。

まとめ

以上、「大規模マンション」と「小規模マンション」の「特徴」「メリット」についてお話ししました。

皆様はどちら派でしたか?

スケールメリットによる特徴を生かした魅力を持つ「大規模マンション」と、住居系の用途地域に建設されることで落ち着いた環境に建設されることが多い「小規模マンション」

どちらも魅力的ですね。

自分達の叶えたいライフプランを考えた上で、どちらのマンションを選ぶのか検討することが大切なのではないでしょうか。

また、下記の注意点も留意しながら、マンションを選ぶようにしましょう。

【注意点】
・大規模マンションの全てが商業地域に建設される訳ではありません。
・大規模マンションの全てで、スケールメリットが強みとなる訳ではありません。
・小規模マンションの全てが住居地域に建設される訳ではありません。

マンション毎に内容は変わりますので、購入を検討する際に詳細まで確認するようにしましょう。

皆様にとって大切なマンション購入、今回の内容が皆様の参考になることを期待しております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.