ジオの特徴・評判を分析!阪急不動産マンションブランド

マンションブランド「ジオ」。

マンション購入を検討した多くの方が、聞いたことのあるブランドですね。
コマーシャルで見かけた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

「ジオ」は阪急不動産のマンションブランドです。

これからそんな「ジオ」について、分析していきたいと思います。

「ジオ」が分譲したマンションを見ると、ある事実に気が付きます。

それは、「突き抜けたランドマーク性」を持つマンションの存在に関してです。

下記2つの物件を例に出します。

ジオタワー天六 (480x360)

①ジオタワー天六
事業主:阪急不動産
住所:大阪府大阪市北区天神橋7-1-16
階数:44階建て
高さ:155.5メートル
施工:大林組
竣工:2013年7月
最寄駅:「天神橋筋六丁目駅」徒歩1分

「ジオタワー天六」では、「阪急オアシス」「りそな銀行」など商業施設との一体開発となりました。
「天神橋筋六丁目駅」からは駅直結であり、この界隈のランドマークタワーとして資産性を維持するものだと思われます。

ジオタワー西宮北口 (480x360)

②ジオタワー西宮北口
事業主:阪急不動産・オリックス不動産
住所:兵庫県西宮市高松町3-3
階数:26階建て
高さ:89.86メートル
施工:竹中工務店
竣工:2008年1月
最寄駅:「西宮北口駅」徒歩3分

「ジオタワー西宮北口」は、「住みたい街ランキング」上位の定番である「西宮北口駅」徒歩3分と、資産性の高い立地に存在するマンションです。
周囲には「阪急西宮ガーデンズ」などの商業施設が建ち並び、利便性が高い立地です。
他にもタワーマンションがありますが、「駅距離」「外観」などを含め、「ジオタワー西宮北口」はこの辺りのランドマークタワーと言えるかもしれません。

「ジオ」では羨ましいとも言える立地にランドマーク性を持ったマンションを建設することが多々あり、これは阪急不動産「ジオ」の大きな特徴だと言えます。
「立地」の魅力、「外観」において優れていると思えるマンションが見られるのは、「ジオ」の魅力だと感じます。

阪急不動産は関西母体の企業でありながら、2014年度マンション供給戸数ランキング13位(※住まいサーフィンより)と上位にランキングされています。
それはこれらの強みがポイントとなり、選ばれる結果に繋がっているのでしょう。

加えて「ジオ」は「阪急」と近畿圏において馴染み深いブランドであるのも特徴です。

「阪急沿線」の人気が高いのは、近畿圏の方ならばご存知なのではないかと思います。
そんな馴染み深い「阪急」を母体としたブランドが「ジオ」なので、これも合わせて魅力的なポイントですね。

まとめますと、

①「立地」の良さ
②「外観」の良さ
③「阪急不動産ブランド」

以上が阪急不動産「ジオ」の魅力だと感じます。

関西を母体とするブランドとして、突き抜けた魅力を感じさせるマンション。
それが「ジオ」シリーズのマンションだと言うことができそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.