「ジオ京都嵐山」「ジオ京都嵯峨嵐山」の特徴とは?

「京都嵐山」

皆さんご存知の通り、有名な観光名所です。
一度行ってみたいものですよね?

実は今、そんな憧れの京都嵐山でマンションプロジェクトが進んでいることを皆さんご存知ですか?

今日は京都嵐山で行われている、2つのマンションプロジェクトについてご紹介させていただきます。

京都嵐山のマンションプロジェクトは、「ジオ」ブランドでお馴染みの「阪急不動産」が事業主で行われています。

まずはその内の一つ、阪急嵐山駅徒歩2分の立地に建設される「ジオ京都嵐山」についてご紹介させていただきます。

ジオ京都嵐山 (480x360)

「ジオ京都嵐山」は、事業主が「阪急不動産」、施工を「森組」が担当する地上4階建ての新築分譲マンションです。
完成は、平成28年7月を予定。
現地住所は、京都府京都市西京区嵐山中尾下町5-4となります。

現地です。

ジオ京都嵐山② (480x360)

クレーンが立ち上がり躯体工事が行われています。

工程表です。

ジオ京都嵐山工程 (480x360)

来年の7月竣工となっているので、外観が姿を現すまでもう少し時間がかかりそうです。

完成予定は、この通りとなっています。

ジオ京都嵐山 (480x360)

京都嵐山に相応しい素晴らしい外観となっています。
完成が楽しみですね。

「ジオ京都嵐山」は現在販売が行われており、販売価格が「4890万円」~「7930万円」、間取りが「2LDK」~「3LDK+N」、専有面積が「65.47平米」~「92.30平米」となっています。

価格に関しては立地の「魅力」が大きいためにこの価格となっていますが、京都嵐山というブランドを考えれば適正な価格ではないかと思います。

続いて、JR嵯峨嵐山駅徒歩4分の立地に建設されているもう一つのプロジェクト、「ジオ京都嵯峨嵐山」についてご説明させていただきます。

ジオ京都嵯峨嵐山 (480x269)

「ジオ京都嵯峨嵐山」は、事業主が「阪急不動産」、施工を「共立建設」が担当する地上5階建ての新築分譲マンションです。
竣工は、平成28年9月を予定。
現地住所は、京都府京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町1番(地番)となります。

現地・作業予定表です。

ジオ京都嵯峨嵐山現場 (2) (432x480)

 

ジオ京都嵯峨嵐山 (2) (480x360)

現在基礎工事が行われています。
来年9月完成予定となっているので、これから工事が進んでいくでしょう。

完成予定図です。

ジオ京都嵯峨嵐山外観 (480x360)

こちらも京都嵐山に相応しい外観となっています。
完成したらどの様な感じとなるのか、楽しみですね。

「ジオ京都嵯峨嵐山」は現在販売が行われており、販売価格が「4350万円」~「9940万円」、間取りが「3LDK」~「4LDK」、専有面積は「68.90平米」~「105.66平米」となっています。

こちらに関しても京都嵐山ブランドを考慮した価格となっていますが、この価格で日本有数の観光ブランドに入居できるのはチャンスと言えるかもしれません。

「ジオ京都嵐山」と「ジオ京都嵯峨嵐山」の間には、あの有名な「渡月橋」があります。

渡月橋 (480x360)

どちらも「渡月橋」まで徒歩5分程の距離となります。

「京都嵐山」に新築マンションとして入居できるチャンスはそうそう無いと思いますので、阪急不動産「ジオ」による今回のプロジェクトは、大きなチャンスと言えるのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.