ワコーレの特徴・評判を分析 和田興産マンションブランド

マンションブランド「ワコーレ」

神戸を中心にマンション購入を検討したことのある方は、多くの人が聞いたことのあるブランド名ではないでしょうか?

これから、マンションブランドの特徴としまして、和田興産のマンションブランド「ワコーレ」を分析した上でお話しさせていただきます。

「ワコーレ新神戸カデンツァ」

ワコーレ新神戸カデンツァ (480x360)

「ワコーレシティ神戸三宮」
※大変人気で、早期完売したのは記憶に新しいところですね。

ワコーレシティ神戸三宮 (480x360)

まず、「ワコーレ」の特徴は下記の通りです。

①神戸・阪神間における供給戸数
②リーズナブルな物件価格
③維持管理費の安さ

まず、①の神戸・阪神間における供給戸数についてお話しさせていただきます。

「ワコーレ」は、神戸市のマンション供給において圧倒的な実績を誇っており、マンション供給戸数が14年連続ナンバーワン、マンション供給棟数は何と17年連続ナンバーワンとなっています。
驚く様な数字ですね。

この数字は、神戸における仕入力の強さ、これまでに培ってきたネットワークやノウハウがあるからこそ実現できることだと思います。
これだけの供給実績があるということは、購入者が「ワコーレ」の魅力に惹かれているということでもあるので、検討者の方は「安心」して「ワコーレ」ブランドのマンションを検討することができますね。

②のリーズナブルな物件価格に関してですが、「ワコーレ」のマンションは「品質」「専有面積」「外観」「共有部」とマンションにとって大切な要素を満たした上で、物件価格が抑えられている傾向があります。

これは購入者にとって大変嬉しいことであり、「神戸・阪神間」など住環境の優れたところに住むチャンスが広がることに繋がります。

物件価格を抑えるということは、土地の仕入れ交渉であったり、建築の際の設計・工程管理・効率といった企業努力が最大限行われているということでもあります。

この辺りの不偏の努力が、上記の通り神戸で供給ナンバーワンという結果となって現れているのでしょう。

また「ワコーレ」のマンションは、管理費・修繕積立金に関しても価格が抑えられている傾向があります。
これまで培ったノウハウによって、管理・維持・修繕に必要なことを見極め、実行していることの裏返しでもありますし、やはり住民にとってこういった費用が抑えられるのはとても嬉しいことですね。

ここまでまとめると、「ワコーレ」ブランドは、購入者・住民にとって大変嬉しいブランドであることにお気付きになるのではないでしょうか。

神戸・阪神間といった地区に、リーズナブルな価格・維持費で住むことが可能であり、「永住力」にも優れたマンション。
それが「ワコーレ」ブランドの最大の魅力ではないかと思います。

まとめます。

①神戸・阪神間における供給個数の高さ
②リーズナブルな価格
③管理費・修繕積立金の安さ
④永住力

以上が和田興産「ワコーレ」の魅力だと思います。

和田興産は「ワコーレ」を通じて神戸・阪神間・多くの方に大きな貢献をしている企業です。
その事業は素晴らしいと思いますし、私も和田興産に対して敬意の念を抱きます。
神戸・阪神間で永住したいと考えている方は、和田興産の「ワコーレ」を検討するのもオススメですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.