三井不動産レジデンシャルの評判・特徴をご紹介

「三井に住んでいます」

このフレーズ、CMで聞いた方も多いのではないでしょうか?

これからマンション業界のトップランナーの一社とも言える「三井不動産レジデンシャル」の分譲するマンションの評判・特徴についてご説明させていただきます。

「三井不動産レジデンシャル」のマンションについて、主な特徴は下記の通りとなります。

①ブランド力・・・「パークホームズ」「パークコート」「パークマンション」など
②外観の良さ・企画力
③資産維持力・・・「経年優化」

①に関してですが、「三井不動産レジデンシャル」の分譲するマンションは、非常にブランド力が高いことが特徴となります。
それは「供給戸数」において安定して上位へと入っており、「住み心地調査」でも同じように上位の定番となっていることがその裏付けとなります。

そんな「三井不動産レジデンシャル」のブランドに関してですが、そのマンションのコンセプトによってブランド名が変わります。

まず、都市住居型のマンションブランドが「パークホームズ」
大規模マンションブランド「パークシティ」
タワーマンションブランド「パークタワー」
高級志向のハイグレードマンションブランド「パークコート」
最高級のマンションブランド「パークマンション」
コンパクトマンションブランド「パークリュクス」
リゾートマンションブランド「パークシーズンズ」

以上の様に、ニーズに合わせてブランドを変えているという訳ですね。

「三井に住んでます」という「三井不動産レジデンシャル」のCMをご覧になった方も多いかと思いますが、それに納得できる程の「品格」を誇ります。

その「品格」に関してですが、②の外観の良さ・企画力と通じるものがあります。
下記の写真をご覧下さい。

「パークタワー北浜」

パークタワー北浜 (480x360)

「パークコート芦屋」

IMG_1773 (480x360)

この通り、魅力的な外観を誇るマンションが多いのが「三井不動産レジデンシャル」のマンションの特徴です。

加えて、先程ご説明した通り要望されているニーズによってブランド名を変えており、求められているマンションを造り出すノウハウにおいてピカイチと言えるのではないでしょうか。
(外観・間取り・共用部など)

「三井不動産レジデンシャル」はマンション業界において「基準」とも言えるクオリティがありますので、「安心感」の高さも強みだと思います。

③の資産維持力「経年優化」に関してですが、「三井不動産レジデンシャル」のマンションは年数が経ってもマンションのクオリティを維持する力に長けており、時間が経つほどに周囲と溶け込むことで、新築時以上に魅力を感じるケースも多々あります。

文字通り「経年優化」ですね。

その様な「資産維持力」は魅力的であり、「安心」して購入を検討することができるのではないでしょうか。

まとめますと、

①「三井不動産レジデンシャルブランド」
②ニーズに応える企画力
③外観の秀逸さ
④資産維持力
⑤安心感

以上が「三井不動産レジデンシャル」の大きな特徴ではないかと思います。

「三井不動産レジデンシャル」はマンション業界のトップランナーの一社として、今後もニーズに応える魅力的なマンションを造り出してくれるのだと思います。

※マンションブランドの特徴は宮田不動産サービスの見解によるものです。最終的なご判断は各自で宜しくお願い申し上げます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.