中国の上海株が8.48%急落 中国政府の株価政策縮小が懸念材料か

皆さん、おはようございます。

7月27日の上海総合指数が先週末より8.48%下げました。
理由は、中国政府が株価政策を縮小するのではないかとの懸念が大きいからだと考えられます。

実際に中国政府は、懸念している株価政策の縮小を発表している訳ではありません。
但し、株価政策を縮小すれば、今後も株価が大きく乱高下する可能性があると考えられます。

今回は想定よりも早く株価が動き出す事となりました。
今回の件を受けて、株価の値動きがどの様になるか注目したいところです。

中国市場は日本との結びつきも強く、また世界に与える影響も大きい為、今後の動きが注目されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.