(仮称)ホワイトベアーファミリー新大阪ホテル~32階建て高層ホテル

新大阪エリアにて予定されている「(仮称)ホワイトベアーファミリー新大阪ホテル」。

順調に工事が進んでいます。

「2017年9月の状況」

新大阪エリアは、2年後に予定されている「おおさか東線」他、将来的にリニア新幹線、北陸新幹線などの接続も噂されています。
(※リニア新幹線、北陸新幹線に関しては確定ではありません。)

新大阪駅は現状でも大阪の玄関口としての役割を果たしていますが、将来的に今まで以上にその機能が充実するのかもしれません。

新大阪エリアではホテルの建設に拍車がかかっており、今後宿泊地としても人気を集めそうです。

今回の計画に加え、新大阪エリアの今後についても注目していきたいですね。

2017年6月更新分レポート

このところ、開発が進む新大阪エリアに、また一つ大型物件の開発が計画されています。

そのプロジェクト名は「WBF新大阪ホテル」

ホワイトベアーファミリーが、新大阪エリアに32階建ての高層ホテル建設を予定しています。

「外観予定図」

ホワイトベアーファミリー新大阪ホテル

「概要」

ホワイトベアーファミリー新大阪 概要

WBFホテル新大阪 概要

「現地の様子」

ホワイトベアーファミリー新大阪ホテル 現地

物件名:WBF新大阪ホテル
敷地面積:911.82m2
建築面積:525.70m2
容積率対象面積:7293.65m2
延床面積:8053.79m2
構造:鉄骨造
階数:地上32階・塔屋1階
高さ:建築物の最高高さ99.40m 工作物含む:105.35m
工事着手時期:平成 29年 9月中旬
工事完了予定時期:平成 31年 6月下旬

スタイリッシュな外観で完成時が楽しみです。

WBF新大阪ホテルは、新大阪駅から徒歩5分圏内と近く、新大阪駅はJR新快速、新幹線、御堂筋線の停車駅となっているので、観光の際はとても便利に各地へ移動できるのではないでしょうか。

また、高層ホテルですので上層階からの眺望も注目したいですね。

新大阪は、移動も、食事も便利!

新大阪の近辺には、数多くの飲食店が位置しています。

宮原方面、西中島方面などを中心に美味しいお店が各地にありますし、新大阪駅内にも多くの飲食店があります。

大阪市内はもちろん、京都、神戸方面へのアクセスが行いやすい新大阪にホテルが建設されるのは、必然的な流れなのかもしれません。

新幹線停車駅でもありますので、東京などの関東方面から、九州・中国地方への移動も便利です。

インバウンド効果として考えた場合にも、新大阪エリアは魅力を感じる地域だと思われます。

新大阪駅からは伊丹空港へのバスもあり、片道2~30分程で移動が可能ですので、外国人観光客が新大阪を選ぶのは、有効な手段となるのではないでしょうか。

今後、おおさか東線やなにわ筋線、リニアモーターカーの接続も想定されている新大阪。

今後、需要が高まる可能性もありますし、開発が進む可能性もあります。

阪急電車の十三-新大阪連絡線が実現されたなら、更に新大阪エリアの需要が高まることでしょう。

今回のWBF新大阪ホテルは、躍動する新大阪に計画されている高層タワーホテルとなりますので、今後も動向に注目していきたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.