再開発で大阪が変わる?開発中のエリアと内容は?

大阪では再開発計画が多数予定されています。

再開発が進むと、各商業施設や住居、交通などが新しく整備され、環境が変わる可能性があります。

今後、各エリアはどうなっていくのでしょうか?

まとめました。

大阪 再開発

※写真は開発が進むうめきた2期エリア

梅田エリア

梅田エリアでは、うめきた二期開発の他、梅田一丁目一番地計画など、ビッグプロジェクトが目白押しです。

うめきた二期エリアにて予定されている北梅田駅も工事が進んでおり、電車でのアクセス向上も見込まれます。

商業施設、住宅、駅などの開発が予定されている梅田エリア。

今後、梅田エリアは大阪の中心部の1つとして、今以上に機能が集約されていくのかもしれません、

御堂筋周辺エリア

御堂筋では高さ規制が緩和され、以前より高層の建築物が建てられるようになりました。

今後も商業ビル、ホテルなど、開発が進むものだと思われます。

梅田エリア、新大阪エリアなど大阪の中心地を結ぶ御堂筋。

周辺の開発にも注目したいところです。

新大阪エリア

新大阪エリアでは、2019年におおさか東線の接続が予定されています。

このエリアでは、新大阪駅改良工事を始め、周辺でもホテルの建設が多数予定されています。

また、居住地としても三国東地区土地区画整理事業が行われており、この開発と共に住環境にも大きな変化が出るものだと思われます。

今後、大阪の玄関口としての役割と共に、居住地としてのニーズがますます大きくなるのかもしれません。

福島エリア

福島エリアでは、マンション計画が目立ちます。

グランドメゾン新梅田タワーやザ・梅田ウエストタワープロジェクトをはじめ、多数のマンションの建設が予定されています。

福島エリアは梅田エリアにも近く、生活圏と言えるかもしれません。

今後福島エリアは、これまで以上に住まう街として成熟する可能性もありそうです。

千里丘・岸部エリア

千里丘・岸部エリアでは、健都プロジェクトが進んでいます。

この開発によって、医療や居住エリアとしての成熟が進み、公園など緑の環境も揃うエリアになりそうです。

今後の動向に注目されます。

新箕面・箕面船場エリア

新箕面・箕面船場エリアでは、「北大阪急行」が予定されています。

梅田や新大阪、伊丹空港へのアクセスが大幅に変わる他、周辺でも再開発の動きが出ています。

今後、このエリアでの開発には注目していく必要があるでしょう。

大阪の再開発について

この通り、大阪では至る所で大規模な開発が予定されており、今後、再開発エリアにおける街並みや環境に変化が訪れそうな状況です。

都心エリアではタワーマンションや高層ホテル、高層ビル等の大規模開発がみられますし、医療、駅などの開発が進んでいるエリアもあります。

これから先、大阪がどのような進化をみせるのか、注目する必要があるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.