旧ホテルプラザ・朝日放送跡地タワーマンション

旧ホテルプラザ・朝日放送跡地の最新の状況です。

「2017年10月現在の状況」

今回の計画は、地上50階建ての高層タワーマンションとなる予定です。

写真にある外観予定図の通り、存在感のあるタワーマンションとなりそうなので今から完成が楽しみです。

今後の動向や進捗にも注目していきたいですね

2017年1月更新分レポート

旧ホテルプラザ・朝日放送跡地で超高層タワーマンション計画が浮上したとの情報が入っています。

計画の詳細に関しては、まだ発表されていません。

ですが、本物件がどのような特徴があるのか気になるところですよね?

本物件の周辺を確認してきましたので、、まずは特徴を簡単にお伝えしていきたいと思います。

物件の特徴

本物件は、広大な土地で計画されているのが特徴です。

「現地の様子」

朝日放送社屋跡地 タワーマンション

ホテルプラザ跡地 タワーマンション

戸数・規模共に、スケールのある高層タワーマンションになることが予想されます。

外観や共用部など、デザインも注目されるところですね。

眺望に関しても気になるところですが、本物件の東側では「うめきた2期予定地~梅田ビル街」が、西側には「淀川~大阪湾」が位置しています。

これらに関しても今後概要等が明らかになると思いますので、その動向に注目していきたいと思います。

立地

今回の計画の北東には「梅田スカイビル」があります。

「現地近くから北東方面の様子」

ホテルプラザ跡地 タワーマンション 特徴

梅田スカイビルが位置する新梅田シティには、飲食店などが多数あります。

そちらを使う際に重宝しそうな立地ですね。

また、うめきた2期の予定地までも徒歩圏となっており、5分~10分程の距離となっています。

うめきた2期では、緑と一体化した開発や新駅などが予定されているため、計画通り進んだ場合、より利便性が高くなる可能性もあるのではないでしょうか。

今回の計画の最寄駅に関してですが、JR福島駅となり、恐らく徒歩7~8分程だと考えられます。
JR大阪駅までも徒歩圏となっており、およそ徒歩約15分程になるのではないかと思います。

最寄駅である福島駅から大阪駅までは環状線で1駅ですし、大阪駅までも徒歩で移動することが可能な距離となっています。

大阪駅はターミナル駅となっているので、大阪市内、神戸方面、京都方面など各地へアクセスしやすいのが特徴なのではないでしょうか。

これらのことから、電車での移動も行いやすい環境と言えそうですね。

梅田エリアに関しては、うめきた2期以外にも「ヨドバシ梅田タワー」や「梅田1丁目1番地計画」などの大型プロジェクトが予定されていますので、今後益々の発展を見せるかもしれません。

そんな梅田エリアにアクセスしやすいのは、今回の物件の大きな特徴と言えるのではないでしょうか。

関西商工学校発祥の地

ちなみに、この周辺は大阪の学生街であったそうです。
関西商工学校発祥の地とのことです。

関西商工学校 発祥の地 (480x360)

街の移り変わりが、歴史を感じさせますね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.