収益物件購入のポイント5選!良い結果を引き寄せる方法は?

「収益物件を購入したい!」

そう考えている方、いませんか?

不動産投資によって収益を得たい方や、税金対策、老後への対策など様々だと思いますが、不動産投資によって良い結果を出したいというのは共通しているはず。

良い結果を出すために必要なもの、皆様はどのようにお考えになりますか?

「資金力」
「ノウハウ」

などが頭に浮かぶ方も多いかもしれません。

ですが、良い結果を出すためには「知識」が必要です。

今回は、そんな不動産投資に関する知識についてお話ししていきたいと思います。

収益不動産購入のポイント
※収益不動産購入時、どのようなことに気をつけるべき?

収益物件に関して知っておきたい知識

①利回り

以前、当ホームページでも利回りについて書かせていただきましたが、収入を予測するために、利回りの確認は必須とも言えます。

利回りには「表面利回り」「想定利回り」「実質利回り」と3つの種類が主にあります。

ですが、実質利回りを除いては、あくまで参考となる数字です。

別途固定費などが必要となるからです。

「表面利回り」「想定利回り」に関しては、次に説明する固定費を頭に入れておくようにしましょう。

②固定費

「固定資産税」「都市計画税」「管理費」「修繕積立金」などがこれに当たります。

利回りが良いからといって物件に飛びつくと、固定費が高く、思ったような利益が出ないことも・・・。

不動産購入時、必ず固定費の内訳や、現状だけではなく、将来の固定費の予定などを確認するようにしましょう。

③地域の将来性

物件購入しようとしている地域が、今後どのようになっていくのか見極めるのも不動産投資のポイントです。

具体的には、

「開発の有無」
「地価公示の推移」

などを調べておきたいものです。

現在、日本は少子高齢化が進んでいます。

不動産の空家も今後出てくることが想定されており、野村総合研究所では平成45年に30.2%が空家になると予測しています。

今後、今まで以上に将来を予測する力が必要だと思いますので、地域の将来性を見分ける能力を身につけておきたいものですね。

④物件の概要

物件の概要に関しても、確認したいポイントです。

具体的には、構造、築年数などはもちろん、建替時に規制が無いかも確認したいポイントです。

購入後、建物の建替や改修を行うことも多いと思います。

事前のチェックを疎かにしていると、思うような建物が建設できないというケースも・・・。

用途地域や容積率他、建築物への規制があるエリアもあるので、その辺りもキッチリと調べるようにしましょう。

⑤借り入れについて

収益物件の購入時、借り入れを検討することも多いはず。

月々の収入と返済のバランスが悪ければ、望まぬ結果にも繋がります。

最悪の場合も想定し、それにも耐えうる余裕を持った計画も必要かもしれません。

収益物件は購入してからが本番

収益物件に限ったことでは無いのですが、購入してからが本番です。

ローン破綻など望まない結果にならない為には、知識を身につけた上で、購入前に厳しくチェックしておく必要があります。

不動産を購入するのなら、プラスの結果を引き寄せたい。

そう考えるのは、当然です。

「マーケティング」は大切で、購入した不動産をどのように運用するのかもポイントです。

不動産に対する知識や取り巻く環境を頭に入れておき、幅広い見解を持つようにしたいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.