梅田1丁目1番地計画

現在行われている梅田1丁目1番地計画。

本計画は、阪神百貨店の建替となります。

2017年4月現在の状況は、下記の通りです。

「JR大阪駅南側の歩行者デッキより」

梅田1丁目1番地計画

「現地東側より」

梅田1丁目1番地計画 阪神百貨店

梅田1丁目1番地計画 現在

梅田1丁目1番地計画 歩行者通路

現在、低層部の工事が進んでいますが、スタイリッシュでありながら重みのある素晴らしい雰囲気の建築物となっています。

完成時には、どの様な雰囲気のある建物となるのでしょうか。
楽しみです。

全体完成は約5年後とまだまだ先になりますが、引き続き動向を追っていきたいと思います。

2016年9月更新分レポート

阪神百貨店がリニューアルされる「梅田1丁目1番地計画」

現在、Ⅰ期の工事が進められています。

「現地の様子」

%e6%a2%85%e7%94%b01%e4%b8%81%e7%9b%ae1%e7%95%aa%e5%9c%b0%e8%a8%88%e7%94%bb-480x360

%e6%a2%85%e7%94%b01%e4%b8%81%e7%9b%ae1%e7%95%aa%e5%9c%b0%e8%a8%88%e7%94%bb-%e7%8f%be%e6%b3%81-480x360

着実に工事が進んでいますね。

梅田1丁目1番地計画は、全体竣工が2022年3月を予定しています。

完成はまだまだ先となりますが、梅田を代表する計画の1つであると思います。

「完成予定図」

%e6%a2%85%e7%94%b01%e4%b8%81%e7%9b%ae1%e7%95%aa%e5%9c%b0%e8%a8%88%e7%94%bb-%e5%ae%8c%e6%88%90%e5%9b%b3-270x320

「工事計画」

%e6%a2%85%e7%94%b01%e4%b8%81%e7%9b%ae1%e7%95%aa%e5%9c%b0%e8%a8%88%e7%94%bb-%e8%a8%88%e7%94%bb-480x343
※阪神電気鉄道株式会社のホームページを参照。

引き続き、動向を追っていきたいと思います。

2015年7月更新分レポート

開発の続く大阪梅田。

先日お送り致しました「梅田北ヤード」に続いて、現在計画されている大規模開発があります。
それは「(仮称)梅田一丁目一番地計画」です。

「(仮称)梅田一丁目一番地計画」は、大阪梅田地区の開発においても大規模な開発となる予定です。
この所梅田は目を奪われる様な開発が行われていますが、「(仮称)梅田一丁目一番地計画」はその中でも大きな開発となる予定です。

これからそんな「(仮称)梅田一丁目一番地計画」についてお話しさせていただきます。

梅田1-1 (800x600).jpg

「(仮称)梅田一丁目一番地計画」は「阪神電気鉄道」「阪急電鉄」が事業主となり、大阪神ビルディングと新阪急ビルを一体的に建て替える大規模事業となります。
地上38階建て、最高部の高さは188.9m。
Ⅰ期工事竣工が2018年。全体竣工は2022年を予定しており、設計・施工は「竹中工務店」が担当します。

「(仮称)梅田一丁目一番地計画」は、高層ビルが建ち並ぶ梅田地区においてもトップクラスの高さとなる建築物となる予定です。
商業施設としての需要はもちろん、物販としての需要を満たすことも想定されます。

現地です。

梅田1-1① (800x600).jpg

現在解体工事が行われています。
周囲にも高層建築物が建ち並んでいますが、「(仮称)梅田一丁目一番地計画」は更に高層建築物となる予定です。
完成時、どの様な雰囲気の建築物となるのでしょうか?
周囲の街への影響も注目されそうですね。

Ⅰ期工事予定地です。

梅田1-1③ (800x600).jpg

こちらも解体工事が進んでいます。
更地に近い状態となっていますね。
今後、建物の基礎~上棟に向けて躯体工事が進んでいくものだと思われます。

建築計画です。

梅田1-1建築計画 (800x600).jpg

高さを誇るだけではなく、スタイリッシュな建築物と言うことができそうですね。
高層ビルが建ち並ぶ梅田においても、シンボリックな建物の一つになりそうです。

「(仮称)梅田一丁目一番地計画」は2022年竣工と完成は先ですが、梅田を代表する建築物の一つになると予想されるのではないでしょうか。

この開発の完成によって、梅田のスカイラインは益々厚みを増していくものだと言えそうですね。

「(仮称)梅田一丁目一番地計画」は大阪の梅田における注目物件の一つだと思いますので、今後も引き続き動向を追っていきたいと思います。

今回の「(仮称)梅田一丁目一番地計画」を始め、梅田地区は大規模開発予定がいくつもあります。

大阪の発展は関西に人を集める起爆剤になると思いますので、他の開発についても順次記事にしていきたいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.