押さえておきたい!不動産投資の利回りについての知識

「不動産投資をしたい!」

このページをご覧の方は、そんなご要望をお持ちなのではないでしょうか?

「マンション区分所有物件で投資を考えている」
「一棟での投資を考えている」
「駐車場など土地の有効活用を考えている」

等々、不動産には色々な投資方法があります。

そんな時、どうしても気になるのは「利回り」です。

これまで不動産投資を行ってきた方は、利回りについて深い知識があるのではないかと思います。

一方、これから不動産投資を始めようとしている方は、あまり利回りについて深く知らないケースもあるかもしれません。

実は、不動産投資をする際、この利回りというのはとても大切なものなのです。

そんな利回りについて、知っておきたい知識をこれからお話ししていきます。

%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e6%8a%95%e8%b3%87-%e5%88%a9%e5%9b%9e%e3%82%8a
※不動産投資の利回りに関して、知っておきたい知識とは?

利回りの計算方法

主に利回りには、

・表面利回り
・想定利回り
・実質利回り

という3つの種類があります。

それぞれの利回り計算方法は、下記の通りです。

①表面利回り

年間収入÷購入価格×100

②想定利回り

年間想定収入÷購入価格×100

③実質利回り

(年間収入-年間支出)÷購入価格×100

このように、それぞれの計算方式が異なってきます。

それでは、この3つでは何が違うのでしょうか?

これから説明していきます。

3つの利回りの特徴について

①表面利回り

表面利回りは、主に収益の目安として用いられます。

実質的な経費などは含まれていないため、その辺りを意識しておく必要があるでしょう。

②想定利回り

基本的に、想定利回りでは周辺物件の利回りの相場などが目安となり計算をします。

あくまで想定ですので、その点は意識しておきたいところです。

③実質利回り

実質利回りは、年間収入から年間支出が引かれたものから考えます。

支出の内訳としては、「管理費・修繕積立金」、「固定資産税・都市計画税」、「各種保険料」などが含まれているため、より実質的な利回りを知るための参考となります。

利回りで気を付けておきたい点

購入前に情報が知らされる場合が多い「利回り」ですが、上記の通りそれぞれのケースがあります。

表面利回りなどの場合、上記の通り「管理費・修繕積立金」や「固定資産税・都市計画税」などの費用が別途かかってきます。

一見利回りが良く見える物件でも、これらの諸費用が高い場合もあるので、注意が必要です。

特に、これから初めて不動産投資を始めようとお考えの方は、これらの知識を必ず頭に入れておくようにしましょう。

情報や知識は、より良い不動産投資の為、必要です。

不動産投資を行う際、これらのことは勉強しておくことをオススメします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.